Data.Cloud.AmazonAPI.TAmazonStorageService.SetBucketLifecycle

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function SetBucketLifecycle(const BucketName: string; const LifeCycle: TAmazonLifeCycleConfiguration;  ResponseInfo: TCloudResponseInfo = nil; const BucketRegion: TAmazonRegion = amzrNotSpecified): Boolean;

C++

bool __fastcall SetBucketLifecycle(const System::UnicodeString BucketName, const Data::Cloud::Amazonapi::Lifecycle::TAmazonLifeCycleConfiguration LifeCycle, Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo* ResponseInfo = (Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo*)(0x0), const System::UnicodeString BucketRegion = System::UnicodeString());

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.Cloud.AmazonAPI.pas
Data.Cloud.AmazonAPI.hpp
Data.Cloud.AmazonAPI TAmazonStorageService


説明

指定されたバケット内のオブジェクトのライフサイクルを更新して、指定されたライフサイクル設定を使用します。

AResponseInfo は、レスポンスの情報を格納する TCloudResponseInfo のインスタンスです。 レスポンスの情報が必要ない場合には nil 値を使用します。

関連項目