Data.Cloud.AzureAPI.TAzureBlobService.GetPageRegionsXML

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function GetPageRegionsXML(ContainerName, BlobName: string; StartByte, EndByte: Int64;  const Snapshot: string = ''; const LeaseId: string = ''; ResponseInfo: TCloudResponseInfo = nil): string; overload; deprecated 'Use GetPageRanges method instead';
function GetPageRegionsXML(ContainerName, BlobName: string;  const Snapshot: string = ''; const LeaseId: string = ''; ResponseInfo: TCloudResponseInfo = nil): string; overload; deprecated 'Use GetPageRanges method instead';

C++

System::UnicodeString __fastcall GetPageRegionsXML _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Use GetPageRanges method instead") (System::UnicodeString ContainerName, System::UnicodeString BlobName, __int64 StartByte, __int64 EndByte, const System::UnicodeString Snapshot = System::UnicodeString(), const System::UnicodeString LeaseId = System::UnicodeString(), Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo* ResponseInfo = (Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo*)(0x0))/* overload */;
System::UnicodeString __fastcall GetPageRegionsXML _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Use GetPageRanges method instead") (System::UnicodeString ContainerName, System::UnicodeString BlobName, const System::UnicodeString Snapshot = System::UnicodeString(), const System::UnicodeString LeaseId = System::UnicodeString(), Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo* ResponseInfo = (Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo*)(0x0))/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.Cloud.AzureAPI.pas
Data.Cloud.AzureAPI.hpp
Data.Cloud.AzureAPI TAzureBlobService


説明

警告: GetPageRegionsXML は非推奨になっています。 GetPageRanges を使用してください。


指定されたページ blob のページ リージョンを XML 表現で返します。

GetPageRegionsXML は、指定されたページ blob のページ リージョンを XML 表現で返します。

GetPageRegionsXML メソッドには、2 つのオーバーロード メソッドがあります:

  • 第 1 オーバーロード メソッドは、範囲(StartByte/EndByte ペア)のページ リージョンを返します。 バイトが 0 に設定されている場合はページ blob 全体が解析され、そうでなければ、指定された範囲のみが解析されます。
  • 第 2 オーバーロード メソッドは、ページ blob 全体を解析します。これは、範囲の StartByteEndByte が 0 に設定された第 1 オーバーロード メソッドの呼び出しと同じです。


次の表では、パラメータを説明しています:

パラメータ 説明

ContainerName

blob があるコンテナの名前。

BlobName

ページ blob の名前。

StartByte

有効ページをチェックする範囲の開始バイト。

EndByte

有効ページをチェックする範囲の終了バイト。

Snapshot

blob のスナップショットの 1 つをチェックしたい場合の、スナップショット ID(省略可能)。

LeaseId

リース ID、blob がロックされている場合には必須。

ResponseInfo

レスポンス情報を格納する任意のクラス。


関連項目