Data.Win.ADODB.TRDSConnection.GetRecordset

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function GetRecordset(const CommandText: WideString;  ConnectionString: WideString = ''): _Recordset;

C++

Winapi::Adoint::_di__Recordset __fastcall GetRecordset(const System::WideString CommandText, System::WideString ConnectionString = System::WideString());

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.Win.ADODB.pas
Data.Win.ADODB.hpp
Data.Win.ADODB TRDSConnection

説明

Recordset を取り出します。

GetRecordset メソッドを呼び出すと,ビジネスオブジェクトからRecordset オブジェクトを取り出すことができます。GetRecordset メソッドは,RDS 接続コンポーネントに関連付けられた TADODataSet によって自動的に呼び出されます。

ビジネスオブジェクトを使用するときは,CommandText パラメータだけに値を渡す必要があります。この値は Recordset オブジェクトを返すビジネスオブジェクトの Name プロパティです。GetRecordset メソッドが TADODataSet コンポーネントによって呼び出されると,CommandText パラメータで使用される値は,ADO データセットコンポーネントの CommandText プロパティの値になります。

DataFactory を使用するときは,CommandText パラメータは実行する問い合わせコマンド(SQL 文)になり,ConnectionString パラメータは接続の確立に必要な情報を指定します。GetRecordset メソッドが ADO データセットコンポーネントによって呼び出されると,ConnectionString パラメータに使用される値は ADO データセットコンポーネントの CommandText プロパティの値になります。



ADODataSet1.CommandText := 'SELECT * FROM Employee';
ADODataSet1.RecordSet := RDSConnection1.GetRecordset(ADODataSet1.CommandText, '');



ADODataSet1->CommandText := "SELECT * FROM Employee";
ADODataSet1->Recordset := RDSConnection1->GetRecordset(ADODataSet1.CommandText, "");