FMX.BufferedLayout.TBufferedScene.DoRemoveObject

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure DoRemoveObject(const AObject: TFmxObject); override;

C++

virtual void __fastcall DoRemoveObject(Fmx::Types::TFmxObject* const AObject);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
FMX.BufferedLayout.pas
FMX.BufferedLayout.hpp
FMX.BufferedLayout TBufferedScene

説明


このトピックには現在ドキュメントが存在しません。「ノート」を利用してこのトピックの改良について話しあうことができます。