FMX.Forms3D.TForm3D.Position

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property Position: TFormPosition read FPosition write SetPosition default 2;

C++

__property Position = {default=2};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.Forms3D.pas
FMX.Forms3D.hpp
FMX.Forms3D TForm3D

説明

フォームのサイズと位置を表します。

FMX.Forms3D.TForm3D.Position は FMX.Forms.TCommonCustomForm.Position を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Forms.TCommonCustomForm.Position を参照しています。

フォームのサイズと位置を表します。

Position を使用すると、フォームのサイズと位置を取得または設定することができます。Position は、次の TFormPosition 値のいずれかを取ります:

意味

Designed

フォームは、設計時に指定されたのと同じ、スクリーン上の位置、および高さと幅のサイズで表示されます。

Default

フォームは、オペレーティング システムで決定された位置および高さと幅で画面上に表示されます。 アプリケーションを実行するたびに、フォームは右下に少し移動します。 画面の解像度にかかわらず、フォームの右辺は常に画面の右辺の近くにあり、フォームの下辺は常に画面の下辺の近くにあります。

オペレーティング システムでは、重なり合ったウィンドウの場合にのみ、これをサポートしています。 ポップアップや子ウィンドウの場合(たとえば、BorderStyleNone である、など)、ウィンドウは画面の左上隅に配置されます。

OS X では、新しいウィンドウのデフォルト位置は画面の左上隅になります。

DefaultPosOnly

フォームは、設計時に設定したサイズで表示されますが、画面上の位置はオペレーティング システムが選択します。 アプリケーションを実行するたびに、フォームは右下に少し移動します。 もう右下に移動できず、同じサイズを保ちながら画面上にすべてを表示することがもうできなくなったとき、フォームは画面の左上隅に表示されます。

オペレーティング システムでは、重なり合ったウィンドウの場合にのみ、これをサポートしています。 ポップアップや子ウィンドウの場合(たとえば、BorderStyleNone である、など)、ウィンドウは画面の左上隅に配置されます。

OS X では、新しいウィンドウのデフォルト位置は画面の左上隅になります。

DefaultSizeOnly

フォームは、設計時に配置した位置に表示されますが、サイズはオペレーティング システムが選択します。 画面の解像度にかかわらず、フォームの右辺は常に画面の右辺の近くにあり、フォームの下辺は常に画面の下辺の近くにあります。

ScreenCenter

フォームは、設計時に設定したサイズのままですが、画面の中央に配置されます。

DesktopCenter

フォームは、設計時に設定したサイズのままですが、画面の中央に配置されます。 マルチモニタ アプリケーション向けの調整は行われません。

MainFormCenter

フォームは、設計時に設定したサイズのままですが、アプリケーションのメイン フォームの中央に配置されます。 マルチモニタ アプリケーション向けの調整は行われません。 この配置は、二次的なフォームでのみ使用します。 メイン フォームに対して設定された場合は、ScreenCenter と同様の動作になります。

OwnerFormCenter

フォームは、設計時に設定したサイズのままですが、オーナー フォームの中央に配置されます。 オーナー フォームがない場合、この配置は MainFormCenter と同様の動作になります。

PositionDefaultDefaultPosOnlyDefaultSizeOnly のいずれかに設定され、BorderStyleNone に設定されていると、フォームは (0,0) に配置される点に注意してください。

関連項目