FMX.Header.THeaderItem.StyledSettings

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property StyledSettings: TStyledSettings read GetStyledSettings write SetStyledSettings stored StyledSettingsStored;

C++

__property StyledSettings;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.Header.pas
FMX.Header.hpp
FMX.Header THeaderItem

説明

スタイル付きテキスト表現プロパティのセットを定義します。この値は、現在のスタイルから読み込まれ、手動では変更できません。

FMX.Header.THeaderItem.StyledSettings は FMX.StdCtrls.TPresentedTextControl.StyledSettings を継承しています。以下の内容はすべて FMX.StdCtrls.TPresentedTextControl.StyledSettings を参照しています。

スタイル付きテキスト表現プロパティのセットを定義します。この値は、現在のスタイルから読み込まれ、手動では変更できません。

テキスト表現プロパティは、コントロール内にテキストを描画するためのパラメータとして使用されます。

StyledSettings プロパティは、FMX コントロール(TButtonTSpeedButtonTCheckBox、他)で使用されます。

スタイル(Metropolis UI スタイルなど)には、フォント名、フォント サイズ、ワードラップなどのテキスト表現プロパティのデフォルト値が定義されています。

TTextSettings クラスは、テキスト表現のビジュアルのパラメータを定義する、FontColorTextAlignVertTextAlignTrimmingWordWrapFontTFont.FamilyTFont.SizeTFont.Style)の各要素の値を保持するプロパティを定義します。

StyledSettings は、TStyledSetting で定義された FamilySizeStyleFontColorOther の各値を格納することができます。テーブル「TStyledSetting 定数と TTextSettings プロパティ の関係」 は、TStyledSetting 定数のどれが、これら TTextSettings テキスト表現プロパティの処理を制御するのかを示します。

StyledSettings に含まれるすべてのスタイル付きテキスト表現プロパティの値はスタイルから取得したものであり、手動で変更できないことに注意してください。 たとえば、TTextControl コントロールの FontColor プロパティに新しい値を設定した場合、実際にフォント色が更新されるのは、このメモ コントロールの StyledSettings プロパティに TStyledSetting.FontColor の値が含まれていない場合だけです。 詳細は、「FireMonkey でのテキスト パラメータの設定」の例を参照してください。

コントロールのフォント プロパティを OFF に切り替えるには、フォーム デザイナでコントロールを選択します。オブジェクト インスペクタで、StyledSettings プロパティを展開します。プロパティの前のチェックマークをクリアします。たとえば、次の図は、TButton コントロールの Size が OFF(Button1)と ON(Button2)の状態を表しています:

サイズつきボタン

StyledSettings では、スタイルからデフォルトで取得したスタイル付きプロパティの値が定義された DefaultStyledSettings 定数も使用することができます。

コントロールの TextSettings プロパティに格納されているテキスト表現プロパティ HorzAlignVertAlign は、コントロールのプロパティ TextAlignVertTextAlign に対応します。