FMX.Objects.TEllipse.Cursor

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property Cursor: TCursor read GetCursor write SetCursor default 0;

C++

__property Cursor = {default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.Objects.pas
FMX.Objects.hpp
FMX.Objects TEllipse

説明

コントロールによってカバーされる領域にマウス ポインタが渡された際に、マウス ポインタを表すために使用されるイメージ。

FMX.Objects.TEllipse.Cursor は FMX.Controls.TControl.Cursor を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TControl.Cursor を参照しています。

コントロールによってカバーされる領域にマウス ポインタが渡された際に、マウス ポインタを表すために使用されるイメージ。

Cursor の値を変更すると、マウス ポインタがコントロールに入ったときに、ユーザーにそれをフィードバックすることができます。 カーソル定数の一覧については、「System.UITypes の定数」を参照してください。 カーソルのイメージ表現は、現在のプラットフォームで有効になっているテーマに依存します。

Cursor がデフォルト カーソルに設定されている場合、このコントロールは、マウスポインタが上にくると、別のカーソルを表示する場合があります。 このコントロールが実際に表示するカーソルは、読み取り専用プロパティ、InheritedCursor で定義されたカーソルで、これは、このコントロールの Cursor の値だけでなく、このコントロールの祖先(、祖父母、および親フォームに辿りつくまで続く祖先コントロール)の Cursor の値を基に計算されます。

関連項目