FMX.StdCtrls.TExpander.HitTest

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property HitTest: Boolean read FHitTest write SetHitTest default 1;

C++

__property HitTest = {default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.StdCtrls.pas
FMX.StdCtrls.hpp
FMX.StdCtrls TExpander

説明

コントロールがマウス イベントと取得できるようにします。

FMX.StdCtrls.TExpander.HitTest は FMX.Controls.TControl.HitTest を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TControl.HitTest を参照しています。

コントロールがマウス イベントと取得できるようにします。

  • HitTestTrue に設定すると、このコントロールはすべてのマウス イベントを捕えます。以下の例では、OnClick イベントに対する HitTest の使用を示しています。
  • HitTestFalse に設定すると、マウス イベントはこのコントロールを通過するため、このコントロールの後に配置されているコントロールは、このコントロールの代わりにマウス イベントを取得します。
メモ: HitTest により、すべてのマウス関係のイベントを有効にすることができ、これにはヒントの表示や、Hint 関係のイベントが含まれます。

大抵のコントロールでは、デフォルトで HitTestTrue になっています。 しかしながら、すべてのコントロールでそうだというわけではありません。 たとえば、TLabelTPathLabel の場合、HitTest はデフォルトでは False です。これら 2 つのコントロールは、HitTestTrue に設定しない限り、マウス関係のイベントを捕えることはありません。

HitTest の例

1. フォーム上に、TPanel コンポーネントを配置します。

2. パネルの中に、TPathLabel コンポーネントを配置します。

3. TPanel と TPathLabel の両方に対して OnClick イベントを実装します。

procedure TForm1.Panel1Click(Sender: TObject);
begin
  ShowMessage('OnClick event fired for TPanel');
end;
procedure TForm1.PathLabel1Click(Sender: TObject);
begin
  ShowMessage('OnClick event fired for TPathLabel');
end;

4. TPathLabel HitTest プロパティを False に設定する(これはデフォルトの設定です)。アプリケーションを実行し、ラベルとクリックします。OnClick イベントがパネルに対して発生します(ラベルには発生しない)。

5. TPathLabel の HitTest プロパティを True に設定します。アプリケーションを実行し、ラベルとクリックします。 OnClick イベントが TPathLabel に対して発生します。

関連項目