FMX.StdCtrls.TPathLabel.HelpContext

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property HelpContext: THelpContext read FHelpContext write SetHelpContext stored IsHelpContextStored default 0;

C++

__property HelpContext = {default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FMX.StdCtrls.pas
FMX.StdCtrls.hpp
FMX.StdCtrls TPathLabel

説明

コントロールに対するヘルプ トピックを識別するための、数値のコンテキスト ID を保有しています。

FMX.StdCtrls.TPathLabel.HelpContext は FMX.Controls.TStyledControl.HelpContext を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TStyledControl.HelpContext を参照しています。

コントロールに対するヘルプ トピックを識別するための、数値のコンテキスト ID を保有しています。

.chm ヘルプ ファイルの場合、ヘルプ トピックのシンボリック Context ID を、プロジェクト ファイル(.hhp)の [MAP] セクションにある数値のトピック ID にマップしなければなりません。

コントロールに対する、Context ID ベースのコンテキスト依存ヘルプを有効にするには、HelpTypehtContext を、HelpContext に数値のトピック ID を設定します。

トピック ID 0(デフォルト)は、そのコントロールにヘルプ トピックがないことを意味しています。

関連項目