FireDAC.Comp.Client.TFDStoredProc.ConstraintsEnabled

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property ConstraintsEnabled: Boolean read GetConstraintsEnabled write SetConstraintsEnabled default 0;

C++

__property ConstraintsEnabled = {default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client TFDStoredProc

説明

データセットで制約の確認を行うかどうかを示します。

FireDAC.Comp.Client.TFDStoredProc.ConstraintsEnabled は FireDAC.Comp.DataSet.TFDDataSet.ConstraintsEnabled を継承しています。以下の内容はすべて FireDAC.Comp.DataSet.TFDDataSet.ConstraintsEnabled を参照しています。


データセットで制約の確認を行うかどうかを示します。


ConstraintsEnabled を使って、レコードレベルの制約の自動適用を制御するフラグを取得または設定することができます。

ConstraintsEnabledFalse であれば(デフォルト)、データセットは Constraints を確認しません。そのため、データセットでは制約を確認するオーバーヘッドなしで大規模なデータ更新を実行することができます。ConstraintsEnabledTrue であれば、データセットはデータ編集(Post/AppendRecord/InsertRecord)の最後に Constraints を確認します。

アプリケーションでデータセットに対するバッチ更新を行う必要があれば、更新の前に ConstraintsEnabledFalse に設定し、更新が終わったら元の値に戻してください。BeginBatch メソッドおよび EndBatch メソッドも参照してください。

 var
   lPrevConsEnabled: Boolean;
 ...
 lPrevConsEnabled := FDQuery1.ConstraintEnabled;
 FDQuery1.ConstraintEnabled := False;
 try
   // perform updates here, without checking client constraints
 finally
   FDQuery1.ConstraintEnabled := lPrevConsEnabled;
 end;

関連項目