FireDAC.Comp.Client.TFDStoredProc.ObjectView

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property ObjectView: Boolean read FObjectView write SetObjectView default 1;

C++

__property ObjectView = {default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client TFDStoredProc

説明

Fields プロパティで項目が階層的に格納されるか,フラットに格納されるかを指定します。

FireDAC.Comp.Client.TFDStoredProc.ObjectView は Data.DB.TDataSet.ObjectView を継承しています。以下の内容はすべて Data.DB.TDataSet.ObjectView を参照しています。

Fields プロパティで項目が階層的に格納されるか,フラットに格納されるかを指定します。

ObjectView プロパティは,Fields プロパティがオブジェクト項目を格納する方法,およびデータベース対応グリッドが ADT および配列項目を表示する方法に影響を与えます。

ObjectView が true ならば,項目は Fields プロパティに階層的に格納されます。つまり,オブジェクト項目の子項目はすべてそのオブジェクト項目によって参照され,TFields :: . Fields 配列でオブジェクト項目の後にシーケンシャルに表示されません。ObjectView が false ならば,項目は Fields プロパティにシーケンシャルに格納されます。つまり,オブジェクト項目の子項目がすべて Fields 配列に兄弟項目としてオブジェクト項目の後に格納されます。

ObjectView が false の場合,TADTField などのオブジェクト項目型は作成されません。 このスイッチは,オブジェクト項目型を適切に処理できなかった従来のデータベース対応コントロールとの互換性の向上のために提供されています。TBDEDataSet のデフォルトは false,TClientDataSet のデフォルトは true です。

メモ:  TClientDataSet に提供されるデータセットの ObjectView プロパティが false ならば,受け取られるデータはすでにフラットなので,TClientDataSet の ObjectView プロパティは常に false となります。

関連項目