FireDAC.Comp.Client.TFDTable.FilterChanges

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property FilterChanges: TFDUpdateRecordTypes read FFilterChanges write SetFilterChanges default 11;

C++

__property FilterChanges = {default=11};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client TFDTable

説明

変更されたレコードのうちどの種類のものをデータセット内で可視にする(ナビゲーション インターフェイスでアクセスできるようにする)かを示します。

FireDAC.Comp.Client.TFDTable.FilterChanges は FireDAC.Comp.DataSet.TFDDataSet.FilterChanges を継承しています。以下の内容はすべて FireDAC.Comp.DataSet.TFDDataSet.FilterChanges を参照しています。


変更されたレコードのうちどの種類のものをデータセット内で可視にする(ナビゲーション インターフェイスでアクセスできるようにする)かを示します。


FilterChanges プロパティを使って、データセット内で可視(データセットのナビゲーション インターフェイスでアクセス可能)にしなければならない変更済みレコードの種類を取得または設定することができます。

種類

意味

rtModified

取得後、または直近の CommitUpdates または CancelUpdates 操作の後で、変更されたレコード。

rtInserted

データセットが開かれた後、または直近の CommitUpdates 操作の後で、新しく作成されたけれどもまだ DB にポストされず追加されていないレコード。

rtDeleted

データセットが開かれた後、または直近の CommitUpdates 操作の後で、削除されたけれども DB からはまだ削除されていないレコード。

rtUnmodified

変更のないレコード。

rtHasErrors

ApplyUpdates 操作の後で、エラーが関連付けられているレコード。エラー オブジェクトを取得するには、RowError プロパティを使用します。

関連項目