FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.TFDMongoDataSet.OnCalcFields

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property OnCalcFields: TDataSetNotifyEvent read FOnCalcFields write FOnCalcFields;

C++

__property OnCalcFields;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event published
FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.pas
FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.hpp
FireDAC.Phys.MongoDBDataSet TFDMongoDataSet

説明

アプリケーションが、計算フィールドを再計算する際に発生します。

FireDAC.Phys.MongoDBDataSet.TFDMongoDataSet.OnCalcFields は Data.DB.TDataSet.OnCalcFields を継承しています。以下の内容はすべて Data.DB.TDataSet.OnCalcFields を参照しています。

アプリケーションが、計算フィールドを再計算する際に発生します。

OnCalcFields イベント ハンドラを記述すると、アプリケーションが計算フィールドを再計算する際に、特定のアクションを実行させることができます。 計算フィールドは、その値を、データセット内の 1 つ以上のフィールドから継承し、場合によっては追加処理も施す、フィールドです。

OnCalcFields は、次の場合に発生します:

  • データセットが開いたとき。
  • データセットが dsEdit 状態になったとき。
  • レコードがデータベースから取得されたとき。

AutoCalcFields プロパティが True の場合、OnCalcFields は次の場合も発生します:

  • あるビジュアル コントロールから別のコントロールへ、または、データ対応グリッド コントロール内のある列から別の列へ、フォーカスが移動して、レコードに変更が行われたとき。

メモ: AutoCalcFields プロパティが True の場合、OnCalcFields イベント ハンドラは、データセット(または、「マスタ-詳細」関係の一部である場合には、リンクされたデータセット)を変更するべきではありません。このようは変更は、OnCalcField イベントを再度発生させ、無限再帰処理に陥ってしまいます。

アプリケーションがユーザーにデータの変更を許可した場合、OnCalcFields は頻繁に発生します。OnCalcFields が発生する頻度を抑えるには、AutoCalcFields を False に設定します。

警告: データセットが「マスタ-詳細」関係のマスタ テーブルである場合、OnCalcFields は、詳細セットがマスタ テーブルと同期化される前に発生します。

OnCalcFields は、Data.DB.TDataSetNotifyEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目