IBX.IBServices.TIBConfigService.ActivateShadow

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure ActivateShadow;

C++

void __fastcall ActivateShadow();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
IBX.IBServices.pas
IBX.IBServices.hpp
IBX.IBServices TIBConfigService

説明

データベースとして使用するシャドウファイルをアクティブにします。

ActivateShadow メソッドを呼び出すと,データベースシャドウをアクティブにできます。

InterBase 6 では,ディスク障害,ネットワーク障害,または偶発的なデータベースの削除が発生した場合にデータベースを復元できます。この復旧方法は,「ディスクシャドウイング」または単に「シャドウイング」と呼ばれます。シャドウイングをアクティブにするためには,最初にデータベースシャドウを作成する必要があります。詳細については,『InterBase 6 操作ガイド』第 6 章の中の「シャドウイング」および「シャドウファイルの作成」を参照してください。

メモ:  この機能を使用するには,InterBase 6 をインストールする必要があります。