Soap.OPConvert.IOPConvert.MakeResponse

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

procedure MakeResponse(const IntfMD: TIntfMetaData;  const MethNum: Integer; Context: TInvContext; Response: TStream; Headers: THeaderList);

C++

virtual void __fastcall MakeResponse(const Soap::Intfinfo::TIntfMetaData &IntfMD, const int MethNum, Soap::Invokeregistry::TInvContext* Context, System::Classes::TStream* Response, Soap::Invokeregistry::THeaderList* Headers) = 0 ;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Soap.OPConvert.pas
Soap.OPConvert.hpp
Soap.OPConvert IOPConvert

説明

呼び出し可能インターフェースでメソッドが正常に実行された結果をコード化します。

MakeResponse メソッドは,呼び出し可能なインターフェースでメソッドが実行された結果を呼び出しコンテキストから取得し,それを転送可能な文字列にパッケージ化して,ストリームに書き込みます。この文字列はクライアントに戻され,ProcessResponse メソッドを使ってアンパックされます。

IntfMD は,メソッドが実行されたインターフェースの実行時型情報(RTTI)を表します。

MethNum は,インターフェースのメソッドテーブル内の位置を使用して,呼び出されるメソッドを識別します。

Context は,メソッド呼び出しの詳細を含む呼び出しコンテキストです。

Response は,MakeResponse メソッドがメソッドの結果および出力パラメータのコード化バージョンを書き込むストリームです。

Headers は,レスポンスメッセージに追加されるヘッダーを表す TSOAPHeader の下位オブジェクトのリストです。

関連項目