Soap.WSDLItems.TWSDLItems.GetSoapBodyInputAttribute

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function  GetSoapBodyInputAttribute(const BindingName, Operation, Attribute: DOMString;  OverloadIndex: Integer; var SOAPVersion: TSOAPVersion): DOMString;

C++

System::UnicodeString __fastcall GetSoapBodyInputAttribute(const System::UnicodeString BindingName, const System::UnicodeString Operation, const System::UnicodeString Attribute, int OverloadIndex, Soap::Wsdlintf::TSOAPVersion &SOAPVersion);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Soap.WSDLItems.pas
Soap.WSDLItems.hpp
Soap.WSDLItems TWSDLItems

説明

SOAP バインディングのポートの種類での処理における入力メッセージの body タグの属性値を返します。

GetSoapBodyInputAttribute メソッドを呼び出すと,指定されたバインディングに関連付けられているポートの種類での処理のパートになっている入力メッセージの body タグの属性値を取得できます。body タグは,WSDL ドキュメントまたはそれがインポートされた別のドキュメントから取得できます。

BindingName は,操作を含むバインディングの名前です。

Operation は,入力メッセージを含む処理の名前です。

Attribute は,<soap:body> タグの目的の属性名です。

OverloadIndex は,バインディングに同じ名前の処理(オーバーロードされたメソッド)が複数含まれているときにどの処理ノードが要求されるのかを示します。0 は指定された名前の最初の処理ノードを示し,1 は 2 番めの処理ノードを示すといった具合です。

メモ:  GetSoapBodyInputAttribute メソッドは,IOType が 'input' の GetSoapBodyAttribute メソッドと同じ値を返します。

関連項目