Vcl.ExtCtrls.TColumnCollection.GetItemAttr

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function GetItemAttr(Index, ItemIndex: Integer): string; override;

C++

DYNAMIC System::UnicodeString __fastcall GetItemAttr(int Index, int ItemIndex);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function protected
Vcl.ExtCtrls.pas
Vcl.ExtCtrls.hpp
Vcl.ExtCtrls TColumnCollection

説明


コレクションの項目の 1 つに割り当てられたカスタム属性の値を返します。

Vcl.ExtCtrls.TColumnCollection.GetItemAttr は System.Classes.TCollection.GetItemAttr を継承しています。以下の内容はすべて System.Classes.TCollection.GetItemAttr を参照しています。

コレクションの項目の 1 つに割り当てられたカスタム属性の値を返します。

TCollection の下位オブジェクトは,ユーザー定義の属性をコレクション内の項目と関連付けることができます。各属性は,名前と,コレクション内の各項目については文字列の値を持ちます。GetItemAttr は,コレクション内で指定された項目のこれらの属性の 1 つの値を返します。

Index は,どの属性の値が必要かを示します。これは,0 と n-1 の間の値です。n は,GetAttrCount が返す値です。

ItemIndex は,必要な属性値を持っている項目を示します。これは,Items プロパティ配列のインデックスです。

TCollection はカスタム属性を定義しないため,TCollection が実装する GetItemAttr は常に空の文字列を返します。

関連項目