表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Edit.TEdit

提供: RAD Studio API Documentation
移動: 案内, 検索

FMX.Edit.TCustomEditFMX.Controls.Presentation.TPresentedControlFMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTEdit

Delphi

TEdit = class(TCustomEdit)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TEdit : public TCustomEdit

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Edit.pas
FMX.Edit.hpp
FMX.Edit FMX.Edit


説明

汎用の FireMonkey 編集ボックスです。

TEdit では、この編集ボックスのルック アンド フィールをカスタマイズできるよう一連のプロパティを[オブジェクト インスペクタ]に公開して、TCustomEdit の機能を拡張しています。

Metro アプリケーションで TEdit を使用する場合は、「組み込みグリフを使った Metropolis UI 編集ボタンの作成」を参照してください。

TEdit にフォーカスがない場合、ユーザーがテキストを選択していたとしても、選択箇所を示す長方形は描画されません。テキストが選択されているかどうかは、SelText プロパティを使って確認できます。

メモ: 複数行編集コントロール用には、FMX.Memo.TMemo を使用します。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance