表示: Delphi C++
表示設定

System.Exit

提供: RAD Studio API Documentation
移動: 案内, 検索

Delphi

procedure Exit;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure public System.pas System System


説明

現在のプロシージャの実行を終了します。

Delphi では、Exit プロシージャは現在のプロシージャから直ちに制御を手放します。 現在のプロシージャがメイン プログラムの場合は、Exit を呼び出すとプログラムが終了します。

Exit が呼び出されると、呼び出し側プロシージャは、プロシージャを呼び出した位置の後のステートメントから続行します。

メモ: Exit は、現在のブロックだけではなく現在のプロシージャから制御を手放します。 ただし、Exit は try..finally 構造で示される制御の流れには違反しません。Exit を try 句の内部で呼び出すと、finally 句が実行されます。

Delphi 2009 から、Exit は結果を指定するパラメータを受け取ることができるようになりました。 パラメータは、関数の結果と同じ型でなければなりません。 例:


function DoSomething(aInteger: integer): string;
begin
  if aInteger < 0 then
  begin
    Exit('Negative');
  end;
  Result := 'Positive';
end;


関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance