表示: Delphi C++
表示設定

System.TObject

提供: XE2 API Documentation
移動: 案内, 検索

Delphi

TObject = class

C++

class DELPHICLASS TObject

目次

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
System.pas
systobj.h
System System


説明

TObject はすべてのオブジェクトおよびコンポーネントの最上位のオブジェクトです。

TObject は、次のようなメソッド群を提供して、オブジェクトに共通の基本動作をカプセル化します:

  • - オブジェクトに必要なメモリを割り当て、初期化、および解放することにより、オブジェクトのインスタンスを作成、管理、および破壊。
  • - オブジェクトのインスタンスが作成や破棄された際に対応。
  • - オブジェクトのクラス型とインスタンス情報、および published プロパティに関する実行時型情報(RTTI:Runtime Type Information)を返す
  • - メッセージ処理のサポート。
  • - オブジェクトによって実装されているインターフェイスのサポート。

永続化する必要がなく(保存および再ロードされない)、しかも、他のオブジェクトへ割り当てる必要もない、シンプルなオブジェクトを宣言する場合、直接継承する基底クラスとして、TObject を使用します。

オブジェクトの機能の多くは、TObject が提供するメソッドによって確立されています。 これらのメソッドの多くは、IDE によって内部的に使用されるもので、ユーザーが直接呼び出すためのものではありません。他は、より複雑な振る舞いができるよう、下位オブジェクトでオーバーライドされます。

TObject は、コンポーネント フレームワークの基底オブジェクトですが、すべてのオブジェクトがコンポーネントというわけではありません。すべてのコンポーネント クラスは、TComponent から派生します。

メモ: TObject は、直接インスタンス化はしないでください。プログラム言語のインスタンス化防止機能は使用していませんが、TObject は、抽象クラスです。

関連項目

コード サンプル

以前のバージョン
他の言語