FMX.Dialogs.MessageDlg

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

function MessageDlg(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt): Integer;
procedure MessageDlg(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const ACloseDialogProc: TInputCloseDialogProc);
function MessageDlg(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const ADefaultButton: TMsgDlgBtn): Integer;
procedure MessageDlg(const AMessage: string; const ADialogType: TMsgDlgType; const AButtons: TMsgDlgButtons; const AHelpContext: LongInt; const ADefaultButton: TMsgDlgBtn; const ACloseDialogProc: TInputCloseDialogProc);

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall MessageDlg(const System::UnicodeString AMessage, const System::Uitypes::TMsgDlgType ADialogType, const System::Uitypes::TMsgDlgButtons AButtons, const int AHelpContext)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
FMX.Dialogs.pas
FMX.Dialogs.hpp
FMX.Dialogs FMX.Dialogs


説明

カスタム ダイアログ ボックスを表示します。

MessageDlg を使用すると、関数のパラメータに応じて設計されたダイアログ ボックスを表示することができます:

  • <AMessage> は、ダイアログ ボックスのテキスト メッセージを表します。
  • <ADialogType> は、ダイアログ ボックスのタイプを表します。
  • <AButtons> は、ダイアログ ボックスのボタンを決定します。ボタンの有効な組み合わせは、「FMX.Dialogs#定数」における定数で確認することができます。
    • ボタン タイプの一覧については、System.UITypes.TMsgDlgBtn を参照してください。
    • たとえば、mbYes です。
  • <AHelpContext> は、ダイアログ ボックスのヘルプ コンテキスト ID を示します。
  • <ADefaultButton> は、ダイアログ ボックスが表示された際にフォーカスされているボタンを決定します。
  • <ACloseDialogProc> は、ダイアログ ボックスが閉じられた際に MessageDlg が実行する任意のメソッドです。


MessageDlg は、ユーザーが選択したボタンの値を返します。 <ACloseQueryProc> パラメータを渡した場合、InputQuery は選択されたボタンを <ACloseQueryProc> メソッドに代わりに渡します。

次の表は、可能な戻り値の一覧です:

TMsgDlgBtn 値 対応する戻り値

mbOK

mrOk

mbCancel

mrCancel

mbAbort

mrAbort

mbRetry

mrRetry

mbIgnore

mrIgnore

mbYes

mrYes

mbNo

mrNo

mbClose

mrClose

mbHelp

mrHelp

mbTryAgain

mrTryAgain

mbContinue

mrContinue

mbNone

mrNone

mbAll

mrAll

mbNoToAll

mrNoToAll

mbYesToAll

mrYesToAll

メモ: ヘルプ ボタンは、ダイアログを閉じないため、値を返しません。 「TCommonDialog.HelpContext」を参照してください。

MessageDlg への呼び出しに <ACloseDialogProc> パラメータが含まれていなかった場合、呼び出しはすべてのプラットフォーム上でブロックし、つまり、MessageDlg はダイアログ ボックスが閉じられるまで戻らなくなります。 Android は、これらのブロックを起こす呼び出しをサポートしていませんので、Android 上で MessageDlg を使用できるのは、<ACloseDialogProc> パラメータを渡す場合のみです。

<ACloseDialogProc> パラメータを含む MessageDlg への呼び出しは、デスクトップ プラットフォーム上ではブロックしますが、モバイル プラットフォームでは非ブロック呼び出しとなります。つまり、モバイル プラットフォームでは、MessageDlg への呼び出し後に配置されたコードはすべて、ダイアログ ボックスが閉じられるまえに実行されます。 ダイアログ ボックスが閉じた後にコードを実行する必要がある場合には、MessageDlg の <ACloseDialogProc> パラメータを使用して、そのコードを実行する 任意のメソッド の定義をします。 詳細については、以下を参照してください。

サポート対象プラットフォーム

次の表では、どのプラットフォームが MessageDlg へのどの呼び出しをサポートしており、それらの呼び出しがブロックするのかブロックしないのかを、まとめています:

プラットフォーム <ACloseDialogProc> なし <ACloseDialogProc> あり
Windows ブロック ブロック
Mac OS X ブロック ブロック
iOS ブロック ブロックしない
Android ブロックしない

関連項目

コード サンプル