表示: Delphi C++
表示設定

コンポーネント ライブラリを理解する

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

コンポーネント ライブラリを理解する:インデックス への移動


VCL コンポーネント ライブラリは、ユーザーのプロジェクトで使用できるオブジェクトで構成されます。 VCL-RTL は、すべての VCL アプリケーションで使用可能な下位レベルのクラスとルーチンを含みます。 VCL-RTL は、Classes ユニットまでのランタイム ライブラリ(RTL)を含みます。 ネイティブの Windows コントロールや Windows 固有の機能を使用する場合、または既存の VCL アプリケーションを拡張する場合に、VCL を使用してください。 VCL のすべてのクラスは TObject から派生しています。 TObject には、作成、破棄、メッセージ処理などの基本動作を実装するメソッドが導入されています。
VCL は、アプリケーション開発時に使用するオブジェクトから構成されたクラス ライブラリです。 ネイティブの Windows コントロールや Windows 固有の機能を使用する場合、または既存の VCL アプリケーションを拡張する場合に、VCL を使用してください。 VCL のすべてのオブジェクトは System.TObject から派生しています。この抽象クラスのメソッドには、作成、破棄、メッセージ処理などの基本動作がカプセル化されています。 独自にクラスを作成する場合には、使用するクラス ライブラリの TObject の下位クラスにしなければなりません。

コンポーネントは、コンポーネント ライブラリのサブセットで、System.Classes.TComponent クラスから派生しています。 設計時にフォームやデータ モジュールにコンポーネントを配置して、操作することができます。 また、[オブジェクト インスペクタ]を使用すると、コードを記述しなくてもプロパティの値を設定できます。 大部分のコンポーネントは、実行時に表示されるかどうかによって、ビジュアル コンポーネントと非ビジュアル コンポーネントに分類されます。 一部のコンポーネントは[ツール パレット]に表示されます。

ビジュアル コンポーネント(Vcl.Forms.TFormTSpeedButton など)のことをコントロールと呼びます。コントロールは Vcl.Controls.TControl から派生します。 コントロールは GUI アプリケーションで使われて、実行時にユーザーに表示されます。 TControlプロパティ、メソッド、イベントを提供しており、コントロールのビジュアル属性(高さ、幅など)を指定します。

非ビジュアル コンポーネントはさまざまな作業に使用します。 たとえばデータベースに接続するアプリケーションを作成する場合、フォームに Data.DB.TDataSource コンポーネントを配置すると、あるコントロールと、そのコントロールが使用するデータセットとを接続できます。 この接続はユーザーの目には見えないので、TDataSource は非ビジュアル コンポーネントです。 設計時には、非ビジュアル コンポーネントはアイコンの形で表示されます。 そのため、そのプロパティやイベントは、ビジュアル コンポーネントの場合と同様に操作できます。

コンポーネントではないクラス(つまり TObject の派生クラスのうち TComponent の派生クラスではないもの)も、さまざまな作業に使用します。 これらのクラスは通常、システム オブジェクト(ファイルやクリップボードなど)へのアクセスや、一時的な作業(リストへのデータの格納など)に使用します。 これらのクラスのインスタンスは、設計時には作成できません。ただし、フォーム デザイナに追加したコンポーネントによって作成されることはあります。

すべての VCL オブジェクトに関する詳細なリファレンス資料は、プログラミング中に参照できます。 コード エディタでオブジェクトのどこかにカーソルを置いて F1 キーを押すと、ヘルプ トピックが表示されます。 選択したオブジェクトに複数のヘルプ トピックが存在する場合には、[複数のトピックが見つかりました]ダイアログ ボックスが開き、VCL のオブジェクト、プロパティ、メソッド、イベントには "RAD Studio VCL リファレンス" と表示されます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance