表示: Delphi C++
表示設定

チュートリアル:LiveBinding をプログラムで使用する

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

データベースおよび LiveBinding のチュートリアル への移動


このチュートリアルでは、バインディング式を手動で作成し、各オブジェクトのプロパティを互いにバインドするために LiveBinding をプログラムで使用する方法を示します。

注意: ここで説明しているプログラム的手法は、バインディング式を実装する標準的な方法ではありません。VCL アプリケーションやFMX アプリケーションでは、通常なら、[オブジェクト インスペクタ](標準的な手法)を使用します。バインディング式をプログラムで作成する必要はないでしょう。ただし、そのような式を手動で作成することも可能であり、このチュートリアルではそれを例を用いて示します。


LiveBinding を標準的な方法で使用する例については、「チュートリアル:VCL アプリケーションで LiveBinding を使用する」および「チュートリアル:LiveBinding を使用してコードを書かずに FireMonkey アプリケーションを作成する」を参照してください。

このチュートリアルでは、ビジュアル コンポーネントなしで LiveBinding を使用する、コンソール アプリケーションを作成します。このコンソール アプリケーションには、相互にバインドされ異なる動作をする異なるプロパティを持つ 2 つのオブジェクトがあります。

関連トピック

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance