表示: Delphi C++
表示設定

モバイル チュートリアル:Web ブラウザ コンポーネントを使用する(iOS および Android)

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

モバイル チュートリアル:モバイル アプリケーション開発(iOS および Android) への移動


FireMonkey では、Web ブラウザ コンポーネントは TWebBrowser コンポーネントとしてラップされています。TWebBrowser は、モバイル アプリケーションだけでなく、デスクトップ アプリケーションでも使用できますが、このトピックでは、iOS および Android プラットフォーム用の簡単な FireMonkey Web ブラウザ アプリケーションの作成方法を説明します。


TWebBrowserDemo.png

ユーザー インターフェイスを設計する

  1. 次のいずれかを選択します。
  2. [ツール パレット]TToolBar コンポーネントを選択して、フォーム デザイナにドロップします。
    TToolBar を探すには、[ツール パレット]の検索ボックスに数文字("tool" など)を入力します。
    SelectToolBar 2.png

  3. コンポーネントをドロップすると、TToolBar コンポーネントがフォーム デザイナの上部に表示されます。以下は、フォーム デザイナの[スタイル]ドロップダウン メニューで[iOS]を設定した後のスクリーンショットです。
    ToolBarOnForm.png

  4. [ツール パレット]で TButton コンポーネントを選択し、TToolBar 上にドロップします。
  5. フォーム デザイナで TButton コンポーネントを選択し、[オブジェクト インスペクタ]で、StyleLookup プロパティを priortoolbutton に設定します。
  6. [ツール パレット]で TEdit コンポーネントを選択し、TToolBar 上にドロップします。編集コントロールの幅が TToolBar の領域いっぱいになるようにサイズを調整します。
    ToolBarButtonAndEditControl.png

  7. フォーム デザイナで編集ボックスを選択し、[オブジェクト インスペクタ]で、ReturnKeyType プロパティを Done に、KeyboardType プロパティを URL に、KillFocusByReturn プロパティを True に設定します。
    モバイル プラットフォームにおける、より適切な仮想キーボード タイプの選択の詳細については、「Web ブラウザ アプリケーションに適したキーボードを選択する」を参照してください。
  8. [ツール パレット]で TWebBrowser コンポーネントを選択し、フォーム上にドロップします。
  9. フォーム デザイナで Web ブラウザ コンポーネントを選択し、[オブジェクト インスペクタ]Align プロパティに Client を選択します。
    上記の手順が済むと、フォームは次の図のようになっているはずです。
    NewBrowserAppOnDesigner.png

ユーザーが編集コントロールで URL を変更すると Web ページを開くようイベント ハンドラを記述する

デスクトップ プラットフォームとは異なり、モバイル プラットフォームでは、次の図のように仮想キーボードを使用してテキストを入力します。ユーザーが "Done" をクリックするとアクションが終了します。

iOS Android

VirtualKeyBoard iOS.png
iPad

VirtualKeyBoard Android.png
Android(LG - E612)


FireMonkey では、ユーザーが行うアクションのほとんどに対応できるよう、多様なイベント ハンドラが用意されています。 "Done" ボタンが選択されると、FireMonkey フレームワークによって TEdit コントロールに OnChange イベントが送信されます。それに対して、"Back" ボタンには特定のイベントが存在しません。このセクションでは、両方のシナリオに対応するイベント ハンドラを実装します。

Web ページを開くための共通メソッドを実装する

イベント ハンドラを実装する前に、まず、編集コントロールの Text プロパティを基に Web ページを開く共通メソッドを実装します。

  1. TForm1 クラスの private セクションで、OpenURL メソッドを宣言します:

    Delphi の場合:

      private
        { Private declarations }
        procedure OpenURL;

    C++Builder の場合:

    private:        // User declarations
      void __fastcall openURL();
  2. openURL メソッドを次のように実装します。

    Delphi の場合:

    procedure TForm1.OpenURL;
    begin
      WebBrowser1.Navigate(Edit1.Text);
    end;


    C++Builder の場合:

     void __fastcall TForm1::openURL()
      {
          WebBrowser1->Navigate(Edit1->Text);
      }

OnChange イベントのイベント ハンドラを実装する

  1. (フォーム デザイナで)編集コンポーネントを選択し、([オブジェクト インスペクタ]の[イベント]タブで)OnChange イベントの隣の空白領域をダブルクリックしてイベント ハンドラを作成します。
    [オブジェクト インスペクタ]によって Edit1Change というイベント ハンドラが新規作成されます。
    Edit1ChangeAtObjectInspector.png

  1. 以下のコードを追加して、イベント ハンドラを完成させます。

    Delphi の場合:

    procedure TForm1.Edit1Change(Sender: TObject):
    begin
      OpenURL;
    end;

    C++Builder の場合:

    void __fastcall TForm1::Edit1Change(TObject *Sender)
    {
        openURL();
    }

"戻る" ボタンのイベント ハンドラを実装する

Web ブラウザの戻るボタンの実装は、Web ブラウザ コンポーネントの GoBack メソッドを呼び出すだけです。

Delphi の場合:

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  WebBrowser1.GoBack;
end;

C++Builder の場合:

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
   WebBrowser1->GoBack();
}

これで、この Web ブラウザ アプリケーションの基本動作の実装が終わりました。Android デバイス、iOS シミュレータ、または iOS デバイスでアプリケーションを実行してみます。

Web ブラウザ アプリケーションに適した仮想キーボードを選択する

初めての Web ブラウザ アプリケーションを実行すると、仮想キーボードが最適化されていないことに気付きます。

iOS では、次のようないくつかの仮想キーボードが用意されています。

Alphabet: Default: EmailAddress: NamePhonePad:
VktAlphabet.png VktDefault.png VktEmailAddress.png
VktNamePhonePad.png




NumberPad: NumbersAndPunctuation: PhonePad: URL:
VktNumberPad.png VktNumbersAndPunctuation.png VktPhonePad.png VktURL.png



Android では、次のようないくつかの仮想キーボードが用意されています。

Alphabet: Default: EmailAddress: NamePhonePad:
VktAlphabet Android.png VktDefault Android.png VktEmailAddress Android.png
VktNamePhonePad Android.png




NumberPad: NumbersAndPunctuation: PhonePad: URL:
VktNumberPad Android.png VktNumbersAndPunctuation Android.png VktPhonePad Android.png VktURL Android.png




Web ブラウザ コンポーネントに最適な仮想キーボードの種類は、URL です。「ユーザー インターフェイスを設計する」で既に説明したように、次のステップでは、この例で Web ブラウザ コンポーネント用の仮想キーボードの種類として URL を設定します。フォーム デザイナで編集ボックスを選択し、[オブジェクト インスペクタ]で、KeyboardType プロパティを URL に設定します。

TEdit Properties.png

WebBrowser モバイル サンプル コード

モバイル サンプル コードWebBrowser プロジェクトは、このチュートリアルで説明されている機能を示しています。

WebBrowser プロジェクトは、以下の場所にあります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance