表示: Delphi C++
表示設定

並列プログラミング ライブラリの使用

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

マルチデバイス アプリケーションでの RTL の使用 への移動


RTL には並列プログラミング ライブラリ(PPL)が用意されているため、アプリケーションでは、タスクを並列に動作させ、複数の CPU デバイスやコンピュータでの分散処理を活用することができます。PPL には、タスクの実行、タスクの結合、タスク グループの管理などのための高度な機能が多数含まれています。それ用に、(CPU の負荷に基づいて)自分自身を自動的に調整するスレッド プールがあるため、スレッドの作成や管理に注意を払う必要はありません。

アプリケーションに System.Threading を組み込むことで、このライブラリを使用できます。このユニットは、新規および既存のプロジェクトに組み込むことができるいくつかの機能で構成されています。また、このユニットには、C++ にも Delphi にも適合できるようにするための多数のオーバーロード引数も含まれています。

アプリケーションでは、PPL を使って以下を容易に行えます。

プラットフォーム サポート

PPL は、Windows、Mac OS X、Android、iOS のデバイスで動作します。

関連トピック

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance