表示: Delphi C++
表示設定

設定移行ツール

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

グラフィック ユーティリティ:インデックス への移動


設定移行ツールは、RAD Studio および Appmethod の構成設定をインポートおよびエクスポートするアプリケーションです。

このツールを使用して、バージョンの異なる RAD Studio 間で設定をインポートおよびエクスポートしたり、さらには別のマシンにインストールされた RAD Studio に構成設定を移行することができます。RAD Studio と Appmethod の間で設定を移行することも可能です。

設定移行ツールでは、Delphi 7 と RAD Studio、Delphi、C++Builder のすべての新しいバージョンをサポートしています。Delphi 7 より前にリリースされた RAD Studio バージョンは、公式にはサポートされていません。構成設定は、RAD Studio の 1 つのバージョンからそれと同じかそれより新しいバージョンに移行できますが、RAD Studio の古いバージョンに移行することはできません。下位互換性はありません。

設定移行ツールの使用

migrationtool.exe ツールは、以下の場所にあります。

  • パス: C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\18.0\bin
  • Windows の[スタート]メニュー: [スタート|すべてのプログラム|Embarcadero RAD Studio Berlin|移行ツール]

migrationtool.exe を実行すると、ウィザードが表示され、それに沿ってエクスポートやインポートを行うことができます。

MigrationTool-Export1.png

ウィザードの最初のページでは、以下の 4 つのオプションが提示されます。

構成設定をエクスポートするときには、移行ツールはシステムから構成を読み取り、拡張子が .idesettings の XML ファイルを生成します。
同じマシンにインストールされた別のバージョンの RAD Studio に構成設定を直接移行するときには、古いバージョンの RAD Studio から設定がエクスポートされ、新しいバージョンの RAD Studio にインポートされます。
メモ: このオプションは、利用できるバックアップがある場合にのみ有効になり、バックアップは、移行ツールインポート移行復元の設定の際に、自動的に作成されます。
構成設定をインポートするときには、移行ツールは拡張子が .idesettings の XML ファイルを読み取り、指定したバージョンの RAD Studio に XML に含まれている設定を適用します。

メモ: インポートを行うと現在の設定が上書きされるので注意してください。設定が失われるのを避けるため、RAD Studio では、設定を上書きする前に自動的にバックアップを作成します。

インポートおよびエクスポート可能な設定

移行ツールを使用して、レジストリ キーに含まれる RAD Studio の設定をインポートおよびエクスポートすることができます。

移行ツールは、HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\18.0\ に存在するキーをインポートおよびエクスポートします。

メモ: 代替レジストリ キーから設定をインポートまたはエクスポートすることもできます。

代替レジストリ キーを指定した設定移行の実行

コマンド ラインを使用すると、さまざまなオプションを指定して IDE を起動することができます。オプションの 1 つに、代替レジストリ キーを指定するものがあります。代替の基本レジストリ キーを使用すると、IDE を異なる構成で 2 つ実行できます。

代替レジストリ キーで IDE を起動するには、以下のコマンドを使用します。

bds.exe –r regkey_name

この regkey_name は、代替レジストリ キーに付ける名前です。

RAD Studio を上記のコマンドで開始すると、新しいレジストリ キーが作成されます: HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\<regkey_name>\<version>

設定移行ツールでは、この代替レジストリ キーから設定をインポートおよびエクスポートすることができます。代替レジストリ キーに対するインポートやエクスポートを行うために設定移行ツールを開くには、次のように -r パラメータを指定します。

migrationtool –r regkey_name

この regkey_name は、インポートまたはエクスポートを行う代替レジストリ キーの名前です。

メモ: regkey_name パラメータを指定して移行ツールを実行すると、移行ツールはレジストリ内のそのキーにしかアクセスできません。

別のコンピュータでの設定移行ツールの使用

設定移行ツールは RAD Studio のさまざまなバージョンで使用できるため、このツールを別のコンピュータにコピーして、RAD Studio の古いバージョンで使用することができます。サポート対象のバージョンは Delphi 7 以降です。

設定移行ツールは、Windows XP 以降で実行できます。

古いバージョンの RAD Studio で使用できるように移行ツールを別のコンピュータに移すには:

  1. C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\18.0\bin に移動します。
  2. 以下のファイルをコピーします。
    migrationtool.exe: ツールの実行可能ファイル
    SettingData.xml: データのエクスポートに使用するテンプレート
    migrationtool.de: ツールのテキストのドイツ語翻訳
    migrationtool.fr: ツールのテキストのフランス語翻訳
    migrationtool.ja: ツールのテキストの日本語翻訳
  3. 別のコンピュータで移行ツールを動作させるには、上記のファイルを同じフォルダにまとめて置く必要があります。
メモ: 移行ツールでは下位互換性を提供していません。元のバージョンと同じバージョンまたはそれより新しいバージョンの製品にしか移行できません。

設定移行ツール関連のトピック

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance