表示: Delphi C++
表示設定

BCC32C

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

Clang 拡張 C++ コンパイラ への移動


BCC32C は RAD Studio の 32 ビット Windows 向け C++ コンパイラです。RAD Studio では、BCC32(32 ビット Windows 向けの旧世代 C++ コンパイラ)の代わりに使用できるコンパイラとして BCC32C を提供しています。

BCC32C は Clang をベースにしています。BCC32C コンパイラと他の Clang 拡張 C++ コンパイラに共通する事項については、「Clang 拡張 C++ コンパイラ」を参照してください。

メモ: 64 ビット Windows の場合、BCC64 を使用します。

一般情報

項目
Clang のバージョン 3.3
LLVM のバージョン 3.3
呼び出し規約
  • MSVC __fastcall
  • C
  • Pascal
  • レジスタ
  • 標準呼び出し
名前マングル Itanium
標準ライブラリ Dinkumware
追加ライブラリ compiler-rt

出力ファイル

ファイルの種類 ファイル拡張子 ファイル形式
実行可能ファイル .exe PE32
共有ライブラリ .dll PE32
静的ライブラリ .lib OMF
コンパイル済みオブジェクト .obj OMF

BCC32C を有効にする方法

BCC32CBCC32 に取って代わるものではなく、RAD Studio では、プロジェクトごとにコンパイラを選択できるようになっています。BCC32 は 32 ビット Windows 向けのデフォルトの C++ コンパイラです。

特定のプロジェクトに対して BCC32 を有効にするには、[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラを選択し、[従来のコンパイラ]で['従来の' Borland コンパイラを使用]オプションを無効にします。

BCC32C 向けの C++ コードの記述

BCC32C 専用の C++ コードを記述するには、次のパターンを使用します。

#if defined(__BORLANDC__) && defined(__clang__) && defined(_WIN32) && !defined(_WIN64)
    // Your code.
#endif

詳細については、「Clang 拡張 C++ コンパイラ」トピックの「定義済みマクロ」セクションを参照してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance