アニメーション方式の進行状況不定リングの作成

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

Metropolis UI アプリケーションの開発 への移動

FireMonkey Metropolis UI アプリケーションでは、Windows 8 の特徴的な進行状況リング(進行状況不定リング)を使用できます。 進行状況不定リングは、以下のように、アニメーション表示される一組のドットが中心点の周りをぐるぐる回り、その回転速度が増減するものです。

AniIndicatorWindows8Style.png

Windows 8 スタイルの進行状況不定リングを実装するには:

  1. Metropolis UI ウィザード/テンプレートの 1 つを使って Metropolis UI アプリケーションを作成します。
  2. フォーム上に TAniIndicator をドロップします。
  3. その TAniIndicator を右クリックし、コンテキスト メニューから[デフォルト スタイルの編集...]を選択します。
  4. [読み込み...]をクリックし、必要な Metropolis UI スタイルを選択します。 必要なら、以下の Styles ディレクトリに移動します。
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Styles
  5. フォームで TAniIndicator を選択し、[オブジェクト インスペクタ]で以下を行います。
    • Enabled プロパティを True に設定します。
    • [StyleLookup]フィールドで、[aniindicatorstyle](唯一の選択肢)を選択します。
これで、Metropolis UI アプリケーションで Metropolis UI 進行状況不定リングが使用されるようになります。

詳細については、『クイック スタート: プログレス コントロールの追加 (JavaScript と HTML を使った Metro スタイル アプリ) 』を参照してください。

関連項目