コントロールをフィールドとリンクする

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

[LiveBinding ウィザード] への移動


ここでは、[LiveBinding ウィザード]を使ってデータセット内のフィールドにコントロールをリンクする手順を説明します。

まず、HD マルチデバイス アプリケーションを作成します。その後、ラベルとクライアント データセットをフォームに配置します。ラベル コントロールは、データセットに渡されるデータ ファイルのテキスト フィールドにバインドします。

この手順を実施するには biolife.cds データベースが必要です。これは通常、[スタート|プログラム|Embarcadero RAD Studio Rio|サンプル]で開く Samples ディレクトリの \Data にインストールされています。biolife.cds は、SourceForgehttp://sourceforge.net/p/radstudiodemos/code/HEAD/tree/branches/RADStudio_Rio )のサンプルの場所でも入手できます。同様のデータベース(DBDEMOS)を使用するコード例は、「FishFacts(Delphi)」で紹介しています。 biolife.fds データベースは FireDAC データベースであり、必要なステップが異なる可能性があります。LiveBinding チュートリアルも「チュートリアル:LiveBinding を使用してコードを書かずに FireMonkey アプリケーションを作成する」にあります。

ヒント: 右クリック コンテキスト メニューから[LiveBinding ウィザード]を起動できるようにするには、[ツール|オプション...|LiveBinding[コンテキスト メニューに [LiveBinding ウィザード...] コマンドを表示]をオンにして有効にする必要があります ([LiveBinding デザイナ]からこのウィザードを起動する場合には、[オプション]ダイアログ ボックスでウィザード コマンドを有効にする必要はありません)。



ステップ 1:[バインディング タスク]

フォームにラベル コントロールを配置したら、それをデータセットの Name フィールドにバインドする必要があります。

まず、クライアント データセット コンポーネントをクリックし、[オブジェクト インスペクタ]FileName プロパティを探します。そこに biolife.cds データベースの場所を指定します。

[オブジェクト インスペクタ]で Active プロパティを探し、True に設定します。

ラベル コントロールを右クリックし、[LiveBinding ウィザード...]コマンドを選択します。

その後、[バインディング タスク]ウィザード ページで[Label1 のプロパティをフィールドにリンク]を選択します。


LBTLinkControlWithField1.png

[次へ >>]ボタンをクリックすると、選択内容が有効になります。

ステップ 2:[データ ソース]

ここでは、[既存ソース]タブでデータセットを選択します。


LBTLinkControlWithField2.png

次のステップへ進むと選択内容が有効になります。

ステップ 3:[フィールド]

ここでは、biolife.cds データベースに含まれる使用可能なフィールドのリストが表示されます。Category フィールドを選択します。


LBTLinkControlWithField3.png

[次へ >]をクリックします。

ステップ 4:[オプション]

バインディング式と一緒にデータ ソース ナビゲータを作成するかどうかを尋ねられます。

この例では、[データ ソース ナビゲータを追加]をオンにします。


LBTLinkControlWithField4.png

これがウィザードの最後のページなので、[完了]をクリックします。

ウィザードが閉じた後、指定したデータセットの Category フィールドとラベル コントロールとをバインドするバインディング式が新規作成されます。

結果

ウィザードが閉じた後で IDE のデザイナに戻ると、LiveBinding エンジンに関係する 2 つの新しいコンポーネント(TBindingsList および TBindScopeDB)と TBindNavigator コンポーネントが追加されていることがわかります。バインディング式エディタ ダイアログ ボックスは、BindingsList1 コンポーネントをダブルクリックすると開きます。


LBTLinkControlWithFieldBindingsList.png

ここでアプリケーションを実行し(F9 キーを押します)、データセット内のレコードを順に参照してバインディング式をテストします。ラベルが正しく更新されることを確認できます。

次に示すのは、実行中のアプリケーションのスクリーンショットです。


LBTLinkControlWithFieldResults.png

関連項目