ネイティブおよびカスタム FireMonkey スタイルの取り扱い

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

スタイルを使った FireMonkey アプリケーションのカスタマイズ への移動


プラットフォームが異なると、サポートする解像度も変わってきます:

プラットフォーム サポートされる解像度
1倍 1.25倍 1.5倍 2倍 3倍
Windows
Allowed.png
Allowed.png
Allowed.png
OS X
Allowed.png
Allowed.png
iOS
Allowed.png
Allowed.png
Allowed.png
Android
Allowed.png
Allowed.png
Allowed.png
Allowed.png
メモ: iOS では、iPhone 6 Plus と iPhone 6S Plus のみが 3 倍解像度をサポートしています。

FireMonkey アプリケーションでは、(ターゲット デバイスに応じて)適切なネイティブ スタイルが実行時に自動的に読み込まれて表示されるため、スタイル ブックやコードを追加する必要がありません。 また、FireMonkey アプリケーションは、標準解像度ディスプレイと同様、高解像度ディスプレイにも表示させられるカスタム スタイルを設定することができます。(Retina などの)高解像度スタイルは実行時にのみ表示されます。

実行時でのスタイルの読み込み

特定のスタイルをフォームに適用するには、TStyleManager.SetStyleFromFile をプログラムで呼び出します。以下に例を示します。

Delphi の場合:

procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
begin
    // ...
    TStyleManager.SetStyleFromFile('Air.style');

C++ の場合:

void __fastcall TForm1::FormCreate(TObject *Sender)
{
   //...
   TStyleManager::SetStyleFromFile(L"Air.style");
メモ: FMX.Styles ユニットを追加する必要があります。

アプリケーションと一緒にスタイルを提供する場合は、ファイルを配置マネージャに追加するのが最もよい方法です。ファイルを追加したら、アプリケーションでサポートする予定の別のプラットフォーム用に、適切な[リモート パス]を指定する必要があります。異なるプラットフォーム用のファイル パス関数の詳細は、「サポートされているターゲット プラットフォームに適した標準の RTL パス関数」を参照してください。

FireMonkey 3D アプリケーションでは自動的に高解像度スタイルを使用

すべての FireMonkey 3D コンポーネントは、iOS Retina デバイスまたは高解像度 Android デバイスで動作するときは自動的に高解像度モードで表示されます。追加のプロパティは必要ありません。

FireMonkey 3D コンポーネントには、TForm3DTViewport3DTLayer3D などがあります。

モバイル バージョンの検出

ターゲットの OS デバイスで使われているモバイル バージョンを検出(および、実行時に使用可能な中から適切なスタイルを割り当て)するには、以下のように TOSVersion.Check メソッドを使用します。

例: 以下のコードでは、ターゲット デバイスが iOS 8 デバイスか Lollipop(5.0)が動作する Android デバイスかを確認しています。そして、OS バージョンごとに異なるスタイルを割り当てています。

Delphi の場合:

procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
var
  MyStyle: TFmxObject;
begin
{$IFDEF IOS}
  if TOSVersion.Check(8, 0) then
    Style := TStyleManager.LoadFromResource(HInstance, 'iOSBlack', RT_RCDATA)
  else
    Style := TStyleManager.LoadFromResource(HInstance, 'iOSTransparent', RT_RCDATA);
  TStyleManager.SetStyle(MyStyle);
{$ENDIF}

{$IFDEF Android}
  if TOSVersion.Check(5, 0) then
    MyStyle := TStyleManager.LoadFromResource(HInstance, 'RT_DARK', RT_RCDATA)
  else
    MyStyle := TStyleManager.LoadFromResource(HInstance, 'RT_LIGHT', RT_RCDATA);
  TStyleManager.SetStyle(MyStyle);
{$ENDIF}

end;

C++ の場合:

void __fastcall TForm1::FormCreate(TObject *Sender) 
{
TFmxObject *MyStyle;

#if (TARGET_OS_IPHONE) 
  if (TOSVersion::Check(8, 0)) 
    MyStyle = TStyleManager::LoadFromResource((unsigned int)HInstance, "iOSBlack", RT_RCDATA);
  else 
    MyStyle = TStyleManager::LoadFromResource((unsigned int)HInstance, "iOSTransparent", RT_RCDATA);
  TStyleManager::SetStyle(MyStyle);
#endif

#if defined(__Android__)
  if (TOSVersion::Check(5, 0)) 
    MyStyle = TStyleManager::LoadFromResource((unsigned int)HInstance, "RT_DARK", RT_RCDATA);
  else 
    MyStyle = TStyleManager::LoadFromResource((unsigned int)HInstance, "RT_LIGHT", RT_RCDATA);
  TStyleManager::SetStyle(MyStyle);
#endif
}
メモ: リソースを使ってアプリケーションにスタイルを読み込む方法は、「スタイルリソースを RCDATA として追加する」を参照してください。

条件コンパイルに関するさらなる情報については:

独自のカスタム スタイルの読み込み

以下では、Jet スタイルなどのカスタム スタイルの取り扱いについて説明します(Jet スタイルは FireMonkey プレミアム スタイル パックで提供されています)。

モバイル アプリケーションにカスタム スタイルを追加する

RAD Studio には、次のカスタム モバイル スタイルが付属しています。

  • Android
    • AndroidDark.fsf
    • AndroidLDark.fsf
    • AndroidLDarkBlue.fsf
    • AndroidLight.fsf
    • AndroidLLight.fsf
    • GoogleGlass.fsf
  • iOS
    • iOSBlack.fsf
    • iOSTransparent.fsf

これらのスタイルは、お使いのシステムの以下のプラットフォーム固有のディレクトリに、Styles ディレクトリと並んでインストールされています。

 C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Styles\iOS
 C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Styles\Android

iOS および Android 向けのカスタム モバイル スタイルでは、1 つのスタイル ファイルで標準解像度デバイスと高解像度デバイスをサポートしています。これには以下の組み込みサポートが含まれます。

  • iOS 標準デバイス、iOS Retina デバイス(1 倍、2 倍)、iOS Retina HD デバイス(3 倍)の解像度
  • Android デバイスの多重解像度(1 倍、1.5 倍、2 倍、3 倍)

さらに、FireMonkey Premium Style Pack で利用可能な新しい FireMonkey スタイルも取得することができ、これも iOS 8 デバイス用 3倍解像度をサポートしています。

デスクトップ環境用に FireMonkey プレミアム スタイル パックで提供されている JetDiamond Mac のカスタム スタイルにも、これは当てはまります。これらのスタイルでは、Retina MacBook デバイスと非 Retina MacBook デバイスの両方を 1 つのスタイル ファイルでサポートしています。

FireMonkey マルチデバイス アプリケーションにカスタム スタイルを追加する

  1. マルチデバイス アプリケーションを作成します。
  2. [マスタ]ビューを選択して、TStyleBook コンポーネントをフォームに追加します。
  3. [マスタ]ビューで、フォーム デザイナの[スタイル]ドロップダウン メニューからスタイルを選択します([Windows]、[OSX]、[iOS]、または[Android])。この例では、[マスタ]ビューに[Android]スタイルを使用します。
    SelectAStyle.png
  4. 該当するプラットフォーム用の FireMonkey スタイル ファイルを読み込みます。
    1. スタイルブックをダブルクリックします。 FireMonkey スタイル デザイナが開きます。
    2. Open Style ボタンを、FireMonkey スタイル デザイナのツールバー上でクリックします。
    3. 必要な FireMonkey スタイル ファイルのある場所に移動します。
      たとえば、現在のビューに設定されているフォーム デザイナのスタイルが[Android]であれば、AndroidLight.fsf などの Android スタイルを読み込んで割り当てます。
      メモ: フォーム デザイナのさまざまなスタイル向けの FireMonkey スタイルは、以下の並列のディレクトリに置かれています。
      Windows: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Styles
      Android: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Styles\Android
      iOS: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Styles\iOS
  5. 作成済みのそれぞれのビューに切り替えて、そのビューの TStyleBook コンポーネントを選択し、そのプラットフォーム用のカスタム スタイルを読み込みます。カスタム FireMonkey スタイルを使用する場合、[マスタ]ビューを含む各ビューにフォーム デザイナでスタイルを割り当てる必要があります。
    つまり、[Windows デスクトップ]ビューなら Windows スタイル、[Android...]ビューなら Android スタイル、[OS X デスクトップ]ビューなら Mac スタイル、[iPad]および[iPhone...]ビューなら iOS スタイルを読み込みます。
    メモ: iPad と iPhone に異なるビューを作成している場合には、それぞれのビューに同じ iOS スタイルを読み込む必要があります。
  6. フォームのネイティブ スタイルではなくカスタム スタイルを使用する場合には、使用したいスタイルブックを設計時にフォームに割り当てる必要があります。

複数のフォームでカスタム スタイルを使用する

同じカスタム スタイルをアプリケーションのすべてのフォームに適用するには、設計時に各フォームの StyleBook プロパティを設定するのではなく、実行時に UseStyleManager プロパティを使って行うことができます。

アプリケーションのすべてのフォームに同じカスタム スタイルを使用するには:

複数のフォームにあるコントロールにカスタム スタイルを使用する

あるアプリケーションに複数の TStyleBook オブジェクトがある場合、異なるフォーム群が、一度に一つずつ、それらのスタイルブックのいずれかを参照するために、StyleBook プロパティを使用することができます。留意したいのは、フォームにおけるコントロール群は、現在のプロジェクト グループで使用されている TStyleBook オブジェクトで定義されたカスタム スタイルを指定する際、常に StyleLookup プロパティを使用していることです。

関連項目