表示: Delphi C++
表示設定

型変換ルーチン

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

API カテゴリ:インデックス への移動

このトピックでは、Delphi ランタイム ライブラリに含まれているすべての型変換ルーチンの一覧を示します。

その他のルーチン

型の変換に使用されるルーチンのうち、特定のカテゴリに属さないものの一覧を以下の表に示します。

ルーチン 説明

System.Classes.BinToHex

2 進値を 16 進表現に変換します。

System.Types.Bounds

指定された大きさの矩形領域の Types.TRect を返します。

System.Classes.HexToBin

16 進数字の文字列を、対応する 2 進値に変換します。

System.Types.Point

1 組の座標から Types.TPoint 構造体を作成します。

System.Types.Rect

一連の座標から Types.TRect 構造体を作成します。

System.Types.SmallPoint

1 組の座標から Types.TSmallPoint 構造体を作成します。


型間の変換ルーチン

データ型間の変換に使用されるすべてのルーチンの一覧を以下の表に示します。

ルーチン 逆ルーチン 説明

System.Classes.BinToHex

System.Classes.HexToBin

2 進値を 16 進表現に変換します。逆ルーチンは 16 進表現を 2 進値に変換します。

Data.FmtBcd.BCDToCurr

Data.FmtBcd.CurrToBCD

2 進化 10 進数(BCD)値を、対応する Currency 値に変換します。逆ルーチンはその逆の変換を行います。

Data.FmtBcd.BcdToDouble

Data.FmtBcd.DoubleToBcd

2 進化 10 進数(BCD)値を、対応する倍精度浮動小数点値に変換します。逆ルーチンはその逆の変換を行います。

Data.FmtBcd.BcdToInteger

Data.FmtBcd.IntegerToBcd

2 進化 10 進数(BCD)値を整数に変換します。逆ルーチンはその逆の変換を行います。

System.CompToDouble

System.DoubleToComp

comp 値を double 値に変換します。逆ルーチンはその逆の変換を行います。

文字列への変換

データ型を文字列表現に変換するのに使用されるすべてのルーチンの一覧を以下の表に示します。

ルーチン 説明

Data.FmtBcd.BcdToStrData.FmtBcd.BcdToStrF

2 進化 10 進数(BCD)値の文字列表現を返します。

System.SysUtils.BoolToStr

Boolean(論理)値を文字列に変換します。

System.ConvUtils.ConvUnitToStr

計量値とその変換単位を書式設定して、人間が見て理解できる文字列にします。

System.SysUtils.CurrToStrSystem.SysUtils.CurrToStrFSystem.SysUtils.FormatCurr

Currency 値を書式設定された文字列に変換します。

System.SysUtils.DateTimeToStrSystem.SysUtils.DateTimeToStringSystem.SysUtils.FormatDateTime

System.TDateTime 値を文字列に変換します。

System.SysUtils.DateToStr

System.TDate 値を文字列に変換します。

System.SysUtils.FloatToStrSystem.SysUtils.FloatToStrFSystem.SysUtils.FormatFloatSystem.SysUtils.FloatToTextSystem.SysUtils.FloatToTextFmt

浮動小数点値を文字列に変換します。

System.SysUtils.IntToStrSystem.SysUtils.IntToHex

32 ビットまたは 64 ビットの整数を文字列に変換します。

System.SysUtils.TimeToStr

System.TDateTime 値を文字列に変換します。

System.SysUtils.UIntToStr

符号なしの 32 ビットまたは 64 ビット整数を文字列に変換します。

System.Str

文字列を書式設定し、変数に格納して返します。


文字列からの変換

文字列を特定のデータ型に変換するのに使用されるすべてのルーチンの一覧を以下の表に示します。

ルーチン デフォルト値を指定できるバージョン 例外が発生しないバージョン 説明

Data.FmtBcd.StrToBcd

Data.FmtBcd.TryStrToBcd

文字列を、対応する 2 進化 10 進数(BCD)値に変換します。

System.SysUtils.StrToBool

System.SysUtils.StrToBoolDef

System.SysUtils.TryStrToBool

文字列を Boolean(論理)値に変換します。

System.ConvUtils.StrToConvUnit

System.ConvUtils.TryStrToConvUnit

文字列を解析して値と変換タイプを抽出します。

System.SysUtils.StrToCurr

System.SysUtils.StrToCurrDef

System.SysUtils.TryStrToCurr

文字列を Currency 値に変換します。

System.SysUtils.StrToDate

System.SysUtils.StrToDateDef

System.SysUtils.TryStrToDate

文字列を System.TDate 値に変換します。

System.SysUtils.StrToDateTime

System.SysUtils.StrToDateTimeDef

System.SysUtils.TryStrToDateTime

文字列を System.TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.StrToFloat

System.SysUtils.StrToFloatDef

System.SysUtils.TryStrToFloat

与えられた文字列を浮動小数点値に変換します。

System.SysUtils.StrToInt

System.SysUtils.StrToIntDef

System.SysUtils.TryStrToInt

整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を数値に変換します。

System.SysUtils.StrToInt64

System.SysUtils.StrToInt64Def

System.SysUtils.TryStrToInt64

整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を数値に変換します。

System.SysUtils.StrToTime

System.SysUtils.StrToTimeDef

System.SysUtils.TryStrToTime

文字列を System.TDateTime 値に変換します。

Data.SqlTimSt.StrToSQLTimeStamp

文字列を Data.SqlTimSt.TSQLTimeStamp 値に変換します。

System.Val

文字列を数値表現に変換します。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance