[プロセスの読み込み|環境ブロック]

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

[実行]メニュー への移動

実行 > プロセスの読み込み... > 環境変数

デバッグ中にアプリケーションに渡される環境変数を指定します。

項目 説明

[デバッガ]

使用するデバッガを以下から選択します。

  • [Embarcadero Win32 デバッガ]: 32 ビット Windows アプリケーションに使用するデフォルトの組み込みデバッガ
  • [Embarcadero Win64 デバッガ]: 64 ビット Windows をターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に特別に設計されたデバッガ
  • Embarcadero OS X デバッガ は、OS X または iOS シミュレータを実行する Mac をターゲットとした、アプリケーションのデバッグに特化して設計されています。
  • Embarcadero iOS32 デバイス デバッガ は、32 ビットおよび64 ビットの iOS デバイスをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に、特別に設計されています。
  • Embarcadero iOS64 デバイス デバッガ は、64 ビット iOS デバイスをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に、特別に設計されています。
    メモ: [プロセスの読み込み|環境ブロック]は、Embarcadero iOS デバイス デバッガではサポートされていません。
  • Embarcadero Android デバッガ は、Android デバイスをターゲットとするアプリケーションのデバッグ用に、特別に設計されています。
    メモ: [プロセスの読み込み|環境ブロック]は、Embarcadero Android デバッガではサポートされていません。

[システム環境変数]

システム レベルで定義されたすべての環境変数とその値を一覧表示します。既存のシステム変数の削除はできませんが、オーバーライドは可能です。

[上書き]

[システム変数の上書き]ダイアログ ボックスを表示し、既存のシステム変数を変更して新しいユーザ定義環境変数を作成できるようにします。このボタンは、[システム環境変数]一覧で変数を選択するまでは無効です。

[ユーザ定義環境変数]

すべての定義済みユーザ定義環境変数とその値を一覧表示します。ユーザ定義環境変数は、削除されるまで、既存のシステム変数よりも優先されます。

[新規作成]

[ユーザー変数の追加]ダイアログ ボックスを表示し、システム変数に新しいユーザ定義環境変数を作成できるようにします。

[編集...]

[ユーザー変数の変更]ダイアログ ボックスを表示し、現在[ユーザ定義環境変数]一覧で選択されているユーザ定義環境変数を変更できるようにします。

[削除]

現在[ユーザ定義環境変数]一覧で選択されているユーザ定義環境変数を削除します。

[システム変数を含める]

デバッグしているアプリケーションにシステム環境変数を渡します。オフの場合、ユーザ定義環境変数だけがアプリケーションに渡されます。

関連項目