API(*.rsm)

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


32 ビット Windows、64 ビット Windows、OS X 向けの Delphi プロジェクトをビルドする際、リモート デバッグ シンボルを含める オプション([プロジェクト|オプション|Delphi コンパイラ|リンク内)が true の場合、RAD Studio は RSM デバッグ ファイルを生成します。

シンボル テーブルには、マシン命令とソース行番号のマッピングや、ソース ファイルで宣言されている変数の名前と型などの、デバッガ用の情報が含まれます。Delphi プロジェクトをローカルでデバッグする場合、RAD Studio では RSM デバッグ ファイルを使用しません。コンパイラがシンボル テーブルをメモリ内に保持するからです。ただし、Delphi プロジェクトをリモートでデバッグする場合には、これらのシンボル テーブルを含む RSM デバッグ ファイルを生成する必要があります。そうでなければ RAD Studio がブレークポイントで停止しません。

メモ: iOS デバイス、iOS シミュレータ、および Android の場合、Delphi コンパイラはデバッグ情報を実行可能ファイル内に生成します。これらのプラットフォームの場合には RSM デバッグ ファイルは必要ありません。

RSM デバッグ ファイルのファイル名は以下のようになります。

  • <プロジェクト>.rsm: 32 ビット Windows および 64 ビット Windows の場合
  • <project>.dylib.rsm: OS X の場合

Delphi プロジェクトをビルドすると、RSM デバッグ ファイルがデフォルトでは以下のフォルダに生成されます。

  • パッケージ の場合:
    • 32 ビット Windows の場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Bpl
    • その他のプラットフォームの場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Bpl\<プラットフォーム>
    メモ: パッケージのデバッグ時には、パッケージの RSM デバッグ ファイルは必要ありません。
  • その他のプロジェクトの場合: C:\Users\<user>\Documents\Embarcadero\Studio\Projects\<プロジェクト>\<プラットフォーム>\<ビルド構成>

出力ディレクトリを変更するには、[プロジェクト|オプション...|Delphi コンパイラ[パッケージの出力ディレクトリ]オプションまたは[出力ディレクトリ]オプションを使用します。

関連項目