API(*.bpl、*.dylib、*.so)

提供: RAD Studio
API (*.bpl, *.dylib)から転送)
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


Delphi のデスクトップ プラットフォーム、C++ の Windows、OS X、iOS のパッケージをビルドすると、RAD Studio は、パッケージの共有ライブラリ ファイルを生成します。 このパッケージに動的にリンクするプロジェクトでは、パッケージの共有ライブラリ ファイルが実行時に必要です。

パッケージの共有ライブラリ ファイルのファイル名は以下のようになります。

  • <package>.bpl: 32 ビット Windows および 64 ビット Windows
  • bpl<package>.dylib: OS X、32 ビット iOS デバイスおよび 64 ビット iOS デバイス
  • bpl<package>.so: Linux

条件を満たしたパッケージをビルドすると、パッケージの共有ライブラリ ファイルがデフォルトでは以下のフォルダに生成されます。

  • 32 ビット Windows の場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Bpl
  • Delphi のその他のプラットフォームと C++ の 64 ビット Windows の場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Bpl\<platform>
  • C++ での他のプラットフォームの場合: C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\20.0\Bpl\<platform>\<build configuration>

出力ディレクトリを変更するには:

  • Delphi の場合、[パッケージ出力ディレクトリ]オプションを使用します([プロジェクト|オプション|Delphi コンパイラより)。
  • C++ の場合、[最終出力ディレクトリ]オプションを使用します([プロジェクト|オプション|C++ (共有オプション)より)。

関連項目