IDE ビジュアル設定のシステム レジストリ キー

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

IDE のリファレンスとユーティリティ への移動


システム レジストリ キーを追加または編集することにより、IDE のビジュアル設定の一部をカスタマイズできます。

メモ: Windows レジストリに加えた変更は直ちに有効になり、バックアップは自動的には行われません。Windows レジストリの編集は、その操作に習熟している場合にのみ行ってください。

IDE の外見のカスタマイズ

システム レジストリの変更方法は次の 2 とおりあります。

  1. レジストリ スクリプト ファイルを作成して実行する。
  2. regedit を使って、システム レジストリを手動で変更する。

レジストリ スクリプト ファイルの作成

  1. 新規のテキスト ドキュメントを作成し(任意のテキスト エディタを使用できます)、それに次のテキストをコピーします。
  2. Windows Registry Editor Version 5.00
    
    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\20.0\ModernTheme]
    "FontName"="Segoe UI"
    "FontSize"=dword:0000000a
    "MainToolBarColor"="clGradientActiveCaption"
    
    メモ: 指定された値の詳細については、カスタマイズ可能な値の表を参照してください。
  3. このドキュメントを .reg 拡張子で保存します。
  4. 作成したレジストリ スクリプト ファイルを実行します。レジストリの変更に関する警告が表示される可能性があります。変更を適用するには、これを受け入れる必要があります。
    メモ: レジストリ スクリプト ファイルを実行できるようにするには、管理者権限が必要な場合があります。レジストリ値を設定または変更するときに IDE が開いている場合は、新しい値が有効になるように IDE を再起動する必要があります。

レジストリ キーの手動変更

  1. システム レジストリを開きます(Windows の[スタート]メニューの検索バーに「regedit」と入力します)。
  2. 新規レジストリ キー ModernThemeHKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\20.0\ に作成します(新規キーの完全パスは HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\20.0\ModernTheme になります)。
  3. サポートされている値のいずれかを ModernTheme キー内部に作成し指定します。
メモ: システム レジストリを変更できるようにするには、管理者権限が必要な場合があります。レジストリ値を設定または変更するときに IDE が開いている場合は、新しい値が有効になるように IDE を再起動する必要があります。

デフォルト設定への復帰

デフォルト設定に戻すには、レジストリから ModernTheme キーを削除します。それは、次のいずれかの方法で行うことができます。

Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\20.0\ModernTheme]
  • 次の手順で、レジストリ キー ModernTheme を手動で削除する。
  1. システム レジストリを開きます(Windows の[スタート]メニューの検索バーに「regedit」と入力します)。
  2. レジストリ キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\BDS\20.0\ModernTheme を見つけて削除します。

カスタマイズ可能な値

データ
FontName String フォント名を指定します。名前は大文字/小文字の区別があり、Regular、Bold、Italic などの "サブタイプ" を含まないようにする必要があります。たとえば、インストールされているフォントの 1 つは、名前が Lucida Console Regular です。これを IDE 用に選択するには、Lucida Console をレジストリ値として指定する必要があります。IDE のデフォルト フォントは Segoe UI です。
メモ: 間違ったフォント名を指定した場合は、デフォルト フォントが読み込まれます。
FontSize DWORD IDE 用のフォントのサイズを指定します。サイズを 7 ~ 17 の範囲内に設定することをお勧めします(それより小さい値または大きい値に設定すると、一部の IDE 要素が判読できなくなるおそれがあります)。デフォルトは 10 です。
メモ: FontSize のデータを変更したときは、BaseDecimal に変更することを忘れないでください。
MainToolBarColor String IDE のメイン ツールバーの色です。これは、次のいずれかの方法で指定することができます。
  • 16 進値で指定する: たとえば、白色は $FFFFFF または 0xFFFFFF として指定することができます。
  • 色名で指定する: 有効な色名については、「色定数」を参照。

デフォルトは clGradientActiveCaption です。

メモ: 間違った値を入力した場合は、IDE が正常に起動しません(一部のパッケージを読み込めないという警告が表示されます)。

関連項目