Windows での運用環境への RAD サーバーまたは RAD サーバー コンソールのインストール

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

RAD サーバー エンジンのセットアップ への移動

RAD サーバー コンソールのセットアップ への移動


運用環境の場合は、EMS サーバーと EMS コンソール サーバーを Web サーバーにセットアップすることをお勧めします。 Microsoft IIS サーバー および Apache サーバーを現在サポートしています。

InterBase データベースと構成ファイル(.ini ファイル)が必要です。 これらのファイルを初めて作成する場合は、「Windows での EMS Server または EMS コンソール サーバーの構成」で示した手順に従います。

メモ: EMS ライセンスを持っていて、InterBase XE7 暗号化データベースを運用環境に持っている場合には、「Windows での運用環境用 EMS データベースの要件」での手順をまず行う必要があります。

EMSServer.IB ファイルと EMSServer.ini ファイルのデフォルト パスは次のとおりです。

  • C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS\
メモ: データベースの作成後、.ini ファイルを編集してデータベースの場所を指定します。 InterBase サーバーが稼働していることを確認します。

EMS サーバーに必要なバイナリ ファイル

RAD Studio をインストールしたマシンとは異なるマシン上で、EMS サーバーを実行するには、DLL のインストール フォルダにある次のファイル群が必要となります:

Microsoft IIS サポート(Windows ISAPI)の場合:

  • borlndmm.dll
  • CustomIPTransport.bpl
  • dbrtl.bpl
  • EMSConsole.dll
  • EMSServer.dll
  • emsserverapi.bpl
  • FireDAC.bpl
  • FireDACCommon.bpl
  • FireDACCommonDriver.bpl
  • rtl.bpl
  • FireDACIBDriver.bpl
  • IndyCore.bpl
  • IndyIPClient.bpl
  • IndyIPCommon.bpl
  • IndyProtocols.bpl
  • IndySystem.bpl
  • inet.bpl
  • xmlrtl.bpl
  • FireDAC を InterBase 以外のデータベース管理システムと使用する場合、その FireDAC ドライバ(SQLite なら FireDACSqliteDriver.bpl など)が必要となります。

Apache Server サポートの場合:

  • FireDACCommon.bpl
  • FireDACCommonDriver.bpl
  • FireDACIBDriver.bpl
  • FireDACSqliteDriver.bpl
  • IndyCore.bpl
  • IndyIPClient.bpl
  • IndyIPCommon.bpl
  • IndyProtocols.bpl
  • IndySystem.bpl
  • inet.bpl
  • mod_emsserver.dll
  • rtl.bpl
  • xmlrtl.bpl

カスタム EMS リソースのパッケージを 1 つまたは複数作成した場合、それらをパッケージ共有ライブラリ ファイルにビルドする必要があり、それらも用意する必要があります。

Microsoft IIS サポート(Windows ISAPI)

IIS サーバー上で稼働する EMS サーバーと EMS コンソールの両者を設定する DLL(EMSServer.dllEMSConsole.dll)は、次のフォルダにあります:

  • Windows 32 ビットC:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin
  • Windows 64 ビットC:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin64

IIS サーバー上で動作する EMS サーバーまたはコンソールをセットアップするには、以下の手順に従います。

IIS 7 をインストールする

  1. [コントロール パネル|プログラムと機能|Windows の機能の有効化または無効化を選択します。
    メモ: これには特権モードが必要です。
  2. [Windows の機能]ダイアログ ボックスの[インターネット インフォメーション サービス]ノードを展開し、以下を行います。
    • [Web 管理ツール][IIS 管理コンソール]のチェックをオンにします。
    • [World Wide Web サービス][アプリケーション開発機能]を展開し、[ISAPI 拡張機能][ISAPI フィルタ]のチェックをオンにします。
    • [World Wide Web サービス][HTTP 共通機能]を展開し、同様に[既定のドキュメント][ディレクトリの参照][HTTP エラー][静的コンテンツ]のチェックがオンになっているか確認します。
  3. [OK]をクリックして、インストールを開始します。

IIS 7 を確認する

  1. IIS 7 のインストール後、通常のブラウザで URL http://localhost/ を開き、IIS が動作し機能していることを確認します。
    メモ: ファイアウォール設定を確認し、必要に応じてポート 80 TCP トラフィックの例外を追加する必要があるかもしれません。

新しいサイトを作成する

以下の手順で新しいサイトを追加します。

  1. C:\inetpub\wwwroot に移動し、新しいフォルダを作成します(例: emsconsoleemsserver)。
  2. Windows での EMS サーバーまたは EMS コンソール サーバーの構成」で作成した EMSServer.ini ファイル(デフォルトの場所は C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS\)を、そのフォルダに貼り付けます。
  3. 必要なバイナリ ファイル をフォルダにコピーします。
  4. (EMS コンソールの場合のみ) webresources フォルダを、 C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\ObjRepos\en\EMS から C:\inetpub\wwwroot\emsconsole にコピーします。

EMSServer.ini ファイルを構成する(コンソールの場合のみ)

EMSServer.ini ファイルを次のように編集します。

[Console.Paths.ISAPI]
ResourcesFiles= C:\inetpub\wwwroot\emsconsole\

メモ: 変更内容を有効にするには、IIS サーバーを再起動する必要があります。

IIS 7 を ISAPI DLL 向けに構成する

  1. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ]を開きます(特権モードが必要)。
    ヒント: [プログラムとファイルの検索]Inetmgr と入力して、IIS マネージャを開きます。
  2. サイト既定の Web サイト]下にあるフォルダ(emsserver または emsconsole)を選択します。
  3. [ハンドラー マッピング]をダブルクリックします。 これにより、[ハンドラー マッピング]ウィンドウが開きます。
  4. [ISAPI-dll]を選択します。 それが強調表示されます。
  5. [操作]パネル内の[編集...]をクリックします。
  6. [実行可能ファイル (オプション)]フィールドに .dll ファイルのパスを入力し、[開く]をクリックします。
    • emsserver.dll、たとえば C:\inetpub\wwwroot\emsserver\emsserver.dll
    • emsconsole.dll、たとえば C:\inetpub\wwwroot\emsconsole\emsconsole.dll.
  7. [OK]をクリックし、その後[はい]をクリックします。
  8. [操作]パネルの[機能のアクセス許可の編集...]をクリックします。
  9. [機能のアクセス許可の編集]ダイアログ ボックスが開きます。
  10. [実行]をオンにします。
  11. [OK]をクリックして、変更をコミット

ISAPI モジュールを有効にする

  1. [接続]ツリーのルート ノードをクリックします。
  2. [ISAPI および CGI の制限]をダブルクリックします。
  3. [操作]パネルの[機能設定の編集...]をクリックします。
  4. [特定できない ISAPI モジュールを許可する]オプションをオンにします。 このオプションにより、任意の ISAPI DLL を IIS で実行できるようになります。 このオプションを使用しない場合は、ISAPI DLL のリストを明示的に指定する必要があります。
  5. OK をクリックします。

IIS 7 x64 で 32 ビット ISAPI DLL を有効にする

これは、IIS 7 x64 を使用していて、32 ビット ISAPI DLL をその IIS で実行したい場合にのみ必要です。 ISAPI DLL と IIS7 が両方とも x86 か両方とも x64 であれば、このステップは省略できます。

  1. [アプリケーション プール]ノードをクリックします。
  2. [DefaultAppPool]項目をクリックします。
  3. [操作]パネル内の[詳細設定...]をクリックします。
  4. [詳細設定]ダイアログが開きます。
  5. [32 ビット アプリケーションの有効化]を[True]に設定します。
  6. [OK]をクリックして、変更をコミット

クロスドメイン要求を許可するよう IIS を構成する

Web サーバー上に EMS コンソール サーバーの Web ファイル リソースが置かれていて、異なるドメインからの HTTP 要求を受け付けたい場合には、HTTP 応答ヘッダーをセットアップする必要があります。

  1. C:\inetpub\wwwroot に移動し、新しいフォルダを作成します(例: Web ファイル フォルダ)。
  2. Web ファイル リソース フォルダを、webfilesresources に貼り付けます。
    メモ: webresources というフォルダ名を変更してはなりません。
  3. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ]を開きます。
  4. [サイト|デフォルト Web サイト]' '下の、Web ファイル フォルダ(webfilesresources)を選択します。
  5. [HTTP 応答ヘッダー]をダブルクリックします。
  6. [操作]パネル内の[追加...]をクリックします。
  7. 次の構成のいずれかを入力します(名前: 値)。
    • Access-Control-Allow-Origin: *
    • (より限定的なオプション)Access-Control-Allow-Origin: http://domain:port/
  8. [OK]をクリックして、変更をコミット


メモ: 詳細については、「Web サーバー内への EMS コンソール サーバー Web ファイル リソースの配置」を参照してください。

Apache サーバーのサポート

EMS Apache サーバー モジュール(mod_emsserver.dllmod_emsconsole.dll)は、次の場所にあります:

  • Windows 32 ビットC:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin
  • Windows 64 ビットC:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin64

Apache サーバー上で動作する EMS サーバーまたはコンソールをセットアップするには、以下の手順に従います。

  1. Apache HTTP Server for Windows をダウンロードおよびインストールします。
    メモ: EMS サーバーは、Apache HTTP Server バージョン 2.0、2.2、2.4 でのみ稼働します。
  2. EMS Apache サーバー モジュール(mod_emsserver.dll)または EMS Apache コンソール モジュール(mod_emsconsole.dll)を、1 つの場所へコピーします:
    • たとえば、C:/mod フォルダなどを作成することができます。
  3. Apache HTTP Server を設定して、EMS Apache サーバーおよび EMS Apache コンソール モジュールを読み込みます。 httpd.conf ファイルを編集します。
    • 次の行を追加して、EMS Apache サーバー モジュール(mod_emsserver.dll)を読み込みます。
    LoadModule emsserver_module C:/mod/mod_emsserver.dll
    • 次の行を追加して、EMS Apache コンソール モジュール(mod_emsconsole.dll)を読み込みます。
    LoadModule emsconsole_module C:/mod/mod_emsconsole.dll
    メモ: Apache ドキュメントに従い、「_module」接尾辞をモジュール名に追加します。そうでなければ、Apache はモジュールを読み込みません。
    • Location タグを追加してコンテナを作成し、そこで、特定の URL へのアクセス制御ルールを指定することができます。
    <Location /ems-server> SetHandler mod_emsserver-handler </Location> <Location /ems-console> SetHandler mod_emsconsole-handler </Location>
  4. Listen を変更し、デフォルト リスナ ポートを変更します。 たとえば、8085 に変更します。 Listen 8085
  5. (EMS コンソールの場合のみ)webresources フォルダを( C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\ObjRepos\en\EMS から)、Apache モジュール DLL をコピーしたフォルダ(C:/mod)へコピーします。
  6. EMS Apache サーバー モジュールが適切に実行されているか確認するため、Web ブラウザを開き、次のように入力します: http://localhost:8085/ems-server/version
  7. EMS Apache コンソール モジュールには、次よりアクセスします: http://localhost:8085/ems-console/

EMSServer.ini ファイルを構成する(コンソールの場合のみ)

EMSServer.ini ファイルを次のように編集します。

[Console.Paths.Apache]
ResourcesFiles = C:\mod\
;WebFiles =

メモ: 変更内容を有効にするには、Apache サーバーを再起動する必要があります。

関連項目