Windows での運用環境用 RAD サーバー データベースの要件

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

RAD サーバー エンジンのセットアップ への移動

RAD サーバー コンソールのセットアップ への移動


EMS は、運用環境への配置時には、InterBase XE7 暗号化データベースで動作します。

このデータベースをインストールするには、有効な EMS ライセンスが必要です。 運用環境用の有効な EMS ライセンスを取得するには、Embarcadero の販売代理店(http://www.embarcadero.com/company/contact-us)にお問い合わせください。

運用環境への EMS データベースのインストール

有効な EMS ライセンスを使用して、InterBase XE7 の新しいインスタンスをインストールし、登録する必要があります。

  1. ローカル コンピュータに InterBase XE7 インストーラをダウンロードします。 詳細は、「InterBase XE7」を参照してください。
  2. .zip ファイルを新しいディレクトリに解凍し、install_windows.exe を実行します。
  3. InterBase の新しいインスタンスに一意の名前を指定します。 「EMS」などにするとよいでしょう。
    InterbaseXE7Instance.png
  4. EMS Interbase インスタンスを置くフォルダを変更します。
  5. 有効な EMS ライセンスで EMS インスタンスを登録します。
    EMSInstance.png
  6. InterBase XE7 サーバーの EMS インスタンスを起動します。 それには、[スタート|プログラム|Embarcadero InterBase XE7|64 ビット インスタンス = EMS|InterBase サーバー マネージャ]を選択します。
  7. InterBase サーバーが起動していることを確認します。起動していなければ、[起動]ボタンをクリックします。
    EMSInstanceRunning.png
  8. Windows での InterBase 64 ビット日本語版における注記: インストール後、手動で ibclient64.dll ライブラリを、C:\Windows\SysWow64(または installed InterBase bin/ フォルダ)から C:\Windows\System32 フォルダにコピーします。これは、EMSDevServer.exe の 64 ビット版で、InterBase クライアント ライブラリ(ibclient64.dll)を現在の Windows システム ライブラリ フォルダから読み込むのに、必要となります。
  9. EMSDevServer.exe実行して、EMS データベースをセットアップします。
  10. [EMS セットアップ ウィザード]で、InterBase XE7 インスタンスの名前を指定します。

関連項目