Windows への配置(FireDAC)

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

配置(FireDAC) への移動


FireDAC アプリケーションを Win32 または Win64 マシンに配置する場合、以下の事柄を考慮する必要があります。

  • アプリケーションで永続接続定義を使用する場合には、接続定義ファイルを配置しなければなりません。アプリケーション実行可能ファイルと同じ場所に置くか、TFDCustomManager.ConnectionDefFileName にファイル名を設定してください。
  • アプリケーションでドライバ定義を使用する場合には、ドライバ構成ファイルを配置しなければなりません。アプリケーション実行可能ファイルと同じ場所に置くか、TFDCustomManager.DriverDefFileName にファイル名を設定してください。
  • アプリケーション接続に必要な DBMS クライアントを、ベンダから入手して配置先マシンにインストールしなければなりません。アプリケーションを x86 としてビルドしている場合には、x86 DBMS クライアント ソフトウェアをインストールする必要があります。x64 アプリケーションにも同じことが言えます。SQLite エンジンは EXE に静的にリンクされているため、配置する必要はありません。
  • FireDAC アドミニストレータ(BDE アドミニストレータと同様のもの)を配置すると、エンド ユーザーはツールを使って FireDAC 接続定義を管理することができます。FireDAC アドミニストレータを配置するには、以下のファイルを配置する必要があります。
    • C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin\FDAdministrator.exe
    • C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\bin\FDExplorer.ini
  • 実行時パッケージを使用して FireDAC アプリケーションをビルドしている場合には、以下の BPL ファイルを配置する必要があります。BPL は、C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\20.0\Redist\<プラットフォーム> にあります。
    • 必須のパッケージ:
      • FireDAC.bpl
      • FireDACCommon.bpl
      • FireDACCommonDriver.bpl
    • 任意のパッケージ(アプリケーションで特定の FireDAC ドライバを使用している場合に必要):
      • FireDACADSDriver.bpl
      • FireDACASADriver.bpl
      • FireDACDataSnapDriver.bpl
      • FireDACDb2Driver.bpl
      • FireDACIBDriver.bpl
      • FireDACInfxDriver.bpl
      • FireDACMSAccDriver.bpl
      • FireDACMSSQLDriver.bpl
      • FireDACMySQLDriver.bpl
      • FireDACODBCDriver.bpl
      • FireDACOracleDriver.bpl
      • FireDACPgDriver.bpl
      • FireDACSQLiteDriver.bpl
      • FireDACTDataDriver.bpl
      • FireDACTDBXDriver.bpl
    • 任意のパッケージ(アプリケーションが FireMonkey か VCL によって必要):
      • vclFireDAC.bpl
      • fmxFireDAC.bpl


関連項目