RAD Studio 10.4.1 における新機能と修正された顧客から報告された問題

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

RAD Studio™ は、高性能のネイティブ クロスプラットフォーム アプリケーションを、Delphi や最新の C++ で迅速に構築するための、究極の RAD 環境であり、開発者に愛好家の多い、統合ツールチェーンを使用しています。

RAD Studio 10.4.1 は、特に品質向上にフォーカスを置いて進められました。 鍵となる品質向上の対象領域には、次があります:

  • IDE
  • Delphi 支援機能(LSP)
  • 並列ライブラリ
  • SOAP & XML
  • C++ ツールチェイン
  • FireMonkey
  • Vcl
  • Delphi コンパイラ
  • iOS のデプロイメント
  • 数百の品質およびパフォーマンスの向上

RAD Studio 10.4.1 には、10.4 パッチ 1、パッチ 2、パッチ 3 からのすべての修正が含まれています。

新機能の詳細リストについては、10.4 Sydney - リリース 1 のページを参照してください。

10.4.1 で修正された公式報告バグ

RAD Studio 10.4.1 Sydney リリースでは、公式に報告された不具合に対して 500 以上の品質改善およびパフォーマンスの強化が行われています。 List of publicly reported bugs fixed in 10.4.1