表示: Delphi C++
表示設定

クライアント データセットでのプロバイダの利用

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

クライアント データセットの利用:インデックス への移動


クライアント データセットは、プロバイダを使用してそれにデータを供給したり、更新を適用したりします。これは次の場合に行われます:

  • データベース サーバーまたは他のデータセットからの更新をキャッシュする
  • XML ドキュメント内のデータを表す
  • 多層アプリケーションのクライアント部分のデータを格納する

TClientDataSet 以外のクライアント データセットの場合、このプロバイダは内部にあるため、アプリケーションは直接アクセスすることはできません。TClientDataSet では、プロバイダは外部コンポーネントであり、クライアント データセットをデータの外部ソースにリンク付けまします。

外部プロバイダ コンポーネントは、クライアント データセットと同じアプリケーション内に存在するか、または、別のシステム上で稼働している別のアプリケーションの一部となることも可能です。プロバイダ コンポーネントの詳細については、「プロバイダ コンポーネントの利用」を参照してください。プロバイダが、別のシステム上の別アプリケーション内にあるようなアプリケーションの詳細については、「多層アプリケーションの作成 - 概要」を参照してください。

(内部または外部)プロバイダを利用する際、クライアント データセットは常に更新をキャッシュします。これがどのように動作するかについては、「クライアント データセットを利用した更新のキャッシュ」を参照してください。

次のトピックでは、プロバイダでの作業を可能にする、クライアント データセットの追加プロパティおよびメソッドについて、説明します:

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance