表示: Delphi C++
表示設定

マルチデバイス アプリケーション作成のステップ

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

マルチデバイス アプリケーションの開発 への移動

マルチデバイス アプリケーションのコンパイルおよびビルド(実行は除外)は、ネイティブ Windows アプリケーションを作成する場合のコンパイルおよびビルドと似ていますが、このトピックで説明しているように、追加されている部分があります。

OS X、iOS、さらに場合によっては 64 ビット Windows をターゲットとするマルチデバイス アプリケーションを実行およびデバッグするには、開発用システムをターゲット プラットフォーム(または、ターゲット プラットフォームをサポートする中間プラットフォーム)に接続する必要があります。ターゲット プラットフォームでは、プラットフォーム アシスタント サーバー(リモート アプリケーション サーバー)がリスン モードで動作しています。

ステップ 1:開発環境をセットアップする

アプリケーションのターゲット プラットフォームが 64 ビット Windows の場合

  • 64 ビット Windows 開発用システムを使用している場合には、セットアップは必要ありません。
  • 外部の Win64 ターゲット システムを使用している場合:
    1. 開発用 PC を 64 ビット PC に接続します
    2. 64 ビット PC 上にクロスプラットフォーム サーバー PAServer をインストールして実行します。
    3. 64 ビット PC 上のプラットフォーム アシスタント サーバーに対する接続について記述した接続プロファイルを作成します。

アプリケーションのターゲット プラットフォームが OS X または iOS の場合:

  1. 開発用 PC を Mac に接続します。
  2. Mac 上にクロスプラットフォーム サーバー PAServer をインストールして実行します。
  3. Mac 上のプラットフォーム アシスタント サーバーへの接続について記述した接続プロファイルを作成します。
  4. アプリケーションをビルドするためのSDK を追加します
  5. Apple から必要なデベロッパ ID と証明書を取得します。詳細については、以下を参照してください。
  6. RAD Studio において証明書とプロビジョニング プロファイルを設定します

アプリケーションのターゲット プラットフォームが Android の場合

  1. Android デバイスで USB デバッグを有効にします。
  2. Android デバイスを検出するようにシステムを構成します。
  3. RAD Studio において証明書への署名を設定します

ステップ 2:IDE でマルチデバイス アプリケーションを作成および構成する

選択したターゲット プラットフォームをサポートしているウィザードを選択して、アプリケーションを作成します。

たとえば、使用可能なすべてのターゲット プラットフォーム用マルチデバイス アプリケーション開発をサポートするマルチデバイス アプリケーションを選択することができます。
コンソール アプリケーションは、[プロジェクト マネージャ]でターゲット プラットフォームが適切に設定されていれば、マルチデバイスになります。次のいずれかを選択します。
  • Delphi の場合: [ファイル|新規作成|その他...|Delphi プロジェクト|コンソール アプリケーション]
  • C++ の場合: [ファイル|新規作成|その他...|C++Builder プロジェクト|コンソール アプリケーション]

概要:RAD Studio IDE でマルチデバイス アプリケーションを構成する

詳細については、「マルチデバイス アプリケーションの構成」を参照してください。

  1. ターゲット プラットフォームを追加してアクティブ化します([プロジェクト マネージャ]にて)。
    1. 現在のアプリケーションのプラットフォームを追加するには、[ターゲット プラットフォーム]ノードを右クリックし、[プラットフォームの追加...]を選択したあと、[OS X]などのターゲット プラットフォームを選択します。
      [ターゲット プラットフォーム]ノードは、マルチデバイス対応のアプリケーションの場合にのみ表示されます。)
    2. ターゲット プラットフォームを有効化するには、プラットフォームをダブルクリック(または、右クリックしてコンテキスト メニューから[アクティブ化]を選択)するか、プラットフォーム デバイス選択ツールバーでプラットフォームを選択します。
      たとえば、[OS X]をダブルクリックすると、OS X が現在のアプリケーションのターゲット プラットフォームとして使用されるようになります。
  2. ターゲット プラットフォームを構成します([プロジェクト マネージャ]にて)。
    1. アクティブなターゲット プラットフォームを右クリックし、コンテキスト メニューから[プロパティ...]を選択します。[プラットフォーム プロパティ]ダイアログ ボックスが開きます。
    2. OS X アプリケーション、iOS(デバイスまたはシミュレータ) アプリケーション、または Android アプリケーションを開発する場合にのみ、SDK(ソフトウェア開発キット)を構成する必要があります。
      1. [プラットフォーム プロパティ]ダイアログ ボックスで[SDK (ソフトウェア開発キット)]コンボ ボックス内の下向き矢印をクリックして、[新規追加...]を選択します。
      2. [新規 SDK の追加]ダイアログ ボックスで、[SDK バージョンの選択]コンボ ボックス内の下向き矢印をクリックします。
      3. 表示される使用可能な SDK のリストから、選択したプラットフォームに使用する SDK を選択します。
    3. アプリケーションが、64 ビット Windows アプリケーション(開発システムが Win64 ではない)、OS X アプリケーション、または、iOS(デバイスやシミュレータ)アプリケーションの場合のみ、選択したプラットフォームで使用する接続プロファイルを選択する必要があります。
      選択したプラットフォーム用に接続プロファイルを作成するには、コンボ ボックスから[新規追加...]を選択します。
    4. [OK]をクリックして、変更内容を保存します。
  3. データベース アプリケーションの場合は、ターゲット プラットフォームに配置する適切なデータベース ドライバを選択し構成する必要があります。
    1. 配置マネージャを開きます。
    2. ツールバーの[機能ファイルの追加]を選択します(DMgrAddFeatFiles.png)。
    3. [機能ファイル]ダイアログ ボックスで、アプリケーションのターゲット プラットフォーム用のデータベース ドライバを選択します。
    また、[機能ファイル]ダイアログ ボックスでは、さまざまなデータベース ドライバのプラットフォーム サポート状況をすべて確認することもできます。
  4. どのようなアプリケーションの場合でも、接続プロファイルを使用している場合、配置マネージャを使って、ターゲット プラットフォーム上の動的リンクに必要なライブラリなど、プロジェクトの配置リストにさまざまなファイルを任意で追加することができます。

次のステップ

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance