表示: Delphi C++
表示設定

実行時における関連付けられたデータセットの変更

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

データセットへのデータ コントロールの関連付け への移動


データセットにデータ コントロールを関連付ける場合、設計時にデータ ソースの DataSet プロパティを設定してデータセットと関連付けます。実行時には、必要に応じてデータ ソース コンポーネントのデータセットを切り替えられます。たとえば以下のコードでは、CustSource データ ソース コンポーネントのデータセットを、Customers および Orders という名前の 2 つのデータセット コンポーネント間で切り替えています。

 with CustSource do begin
   if (DataSet = Customers) then
     DataSet := Orders
   else
     DataSet := Customers;
 end;

DataSet プロパティに別のフォーム上のデータセットを設定して、2 つのフォーム上のデータ コントロールを同期させることもできます。以下に例を示します。

 procedure TForm2.FormCreate (Sender : TObject);
 begin
   DataSource1.Dataset := Form1.Table1;
 end;

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance