表示: Delphi C++
表示設定

機能インストーラ

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

グラフィック ユーティリティ:インデックス への移動

InstallerPlatformSelection.png
InstallerAdditionalSelection.png
InstallerInstallationProgress.png
InstallerInstallationComplete.png
InstallerInstallationCanceled.png
ヒント: これは、RAD Studio のインストールに必要なツールの 1 つに関するリファレンス ページです。インストール手順については、「インストール」を参照してください。

機能インストーラは、インストールする RAD Studio 機能(プログラミング言語ターゲット プラットフォームの特定の組み合わせに対するサポート、言語サポート、ヘルプ リソースなど)の初期セットを選択できるインストール ウィザードです。

インストール処理の間、インストーラは自動的に機能インストーラを起動します。機能インストーラをうっかり閉じてしまった場合には、RAD Studio を開き、ツール > プラットフォームの管理を選択して、もう一度、機能インストーラを開いてください。

インストール時には、選択した機能のインストールに必要な内容をダウンロードするための稼働中のインターネット接続が必要です。

RAD Studio のインストール後は、機能マネージャを使って、追加機能のインストールやインストール済み機能の削除を行えます。

[プラットフォーム選択]ページ

[プラットフォーム選択]ページでは、初めてインストールする RAD Studio に組み込まれる、プログラミング言語ターゲット プラットフォームの組み合わせを選択できます。

このページには次のものが表示されます。

  • プログラミング言語とターゲット プラットフォームの組み合わせとしてサポートされているもののリスト。デフォルトでは 32 ビット Windows と iOS のチェックがオンになっていますが、インストールするプラットフォームの任意の組み合わせを選択できます。また、機能マネージャを使って後で追加の組み合わせをインストールすることができます。
  • 左下隅にある 3 つのフィールド -- 推定ダウンロード サイズ推定ダウンロード時間推定必要ディスク領域 -- では、選択した機能をダウンロードするために必要な推定を示しています。推定必要ディスク領域についての詳細については、「推定必要ディスク領域」を参照してください。
  • 右下隅にある[続行]ボタン。[続行]をクリックすると、[RAD Studio 追加選択]ページが開きます。

推定必要ディスク領域

機能インストーラは、選択に従い、インストールに必要なディスク領域を計算します。計算処理には次が含まれます:

  • ダウンロードされたファイルに必要なディスク領域。
  • ダウンロードされたファイルの解凍に必要なディスク領域。
  • インストールに必要なディスク領域。

機能インストーラは次のディレクトリを使用します:

  • Temp フォルダ --- ダウンロードしたファイル用に(デフォルトの場所は C:\Windows\Temp)。
  • %PUBLIC% ドキュメント フォルダ --- ダウンロードしたファイルの解凍用に(デフォルトの場所は C:\Users\Public\Documents\)。
  • インストール用にインストーラオプション ページで選択したディレクトリ(デフォルトは Program Files)。

Temp%PUBLIC% ドキュメント フォルダとは異なる場所のディスク/パーティションを、インストール用ディスク/パーティションに選択した場合、たとえそこに十分な領域がなくても、インストーラが問題を検知しない場合があります。これは、機能インストーラインストーラオプション ページで選択したディスク/パーティションを、推定必要ディスク領域の計算の基準に使用しているためです。

Temp%PUBLIC% ドキュメント フォルダがあるディスク/パーティションに十分な領域がない場合、それらのフォルダの場所を変更する必要があります。詳細については、「Change location of TEMP files folder to another drive(TEMP ファイル フォルダの場所を別のドライブに移す)」および「How can I move default location of Public folders to a new drive?(Public フォルダのデフォルトの場所を、新しいドライブに移動させる方法は?)」を参照してください。

[追加選択]ページ

[追加選択]ページでは、初めてインストールする RAD Studio に組み込まれる追加機能を選択することができます。

このページには次のものが表示されます。

  • オプション機能のツリー: 言語サポート、サンプル アプリケーションオフライン ヘルプ任意の追加のソフトウェア。いずれの機能もチェックをつけることで、RAD Studio の最初のインストールに組み込むことができます。
  • 左下隅にある 3 つのフィールド[推定ダウンロード サイズ][推定ダウンロード時間][推定必要ディスク領域][プラットフォーム選択]ページで選択した機能も含め、選択した機能のダウンロードの見積もりが示されます)。
  • ページ下部の 2 つのボタン:
    • 右下隅にある[インストール]ボタン。[インストール]をクリックすると、選択した機能のインストールが始まります。
    • [プラットフォーム選択]ページに戻るための[戻る]ボタン。

メモ: オプション機能の詳細については、「任意の追加のソフトウェア」を参照してください。

Android 開発ツールは、[プラットフォーム選択]ページで Android プラットフォームを選択すると現れます:


操作の進行状況ページ

操作の進行状況ページには、インストールの進行状況が表示されます。

RAD Studio 機能のインストールには、いくつかの項目のダウンロード、解凍、インストールが必要です。インストーラのこのページには、これらの項目のインストールに関する情報が次のように表示されます。

  • ページの上部には、インストーラで現在処理されている項目が表示されます。
  • ページの下部には、次の 2 つの進行状況バーが表示されます。
    • 上の進行状況バーには、インストーラで現在処理されている項目のダウンロード、解凍、インストールのいずれかの現行処理の進行状況が表示されます。
    • 下の進行状況バーには、インストールの全体的な進行状況が表示されます。
  • ページの下部にある[キャンセル]ボタン。[キャンセル]をクリックすると、インストール プロセスをキャンセルすることができます。


[操作完了]ページ

[操作完了]ページでは、操作が正常に終了したことが通知されます。

このページの下部には、[作業開始]ボタンがあります。[作業開始]をクリックすると、インストーラから RAD Studio が起動または再起動されます。

RAD Studio がサポートするファイルの種類の中に、現在、他のアプリケーションと関連づけれているものがあった場合、RAD Studio が開いた際、[ファイルの関連付け]オプション ページと似たダイアログ ボックスが表示され、そこでどのファイルの種類を RAD Studio と関連付けたいかを選択することができます。

操作のキャンセル ページ

ユーザーによってインストールがキャンセルされると、操作のキャンセル ページが現れます。

[再試行]をクリックするとインストールを続行でき、[閉じる]をクリックすると機能インストーラが終了します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance