表示: Delphi C++
表示設定

Delphi ソースを含んだ C++ 設計時パッケージをコンパイルする

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

アプリケーションのコンパイル、ビルド、実行:インデックス への移動

C++Builder では、Delphi ソース ファイルを含んだ設計時パッケージのコンパイルをサポートしています。ただし、それらの Delphi ソースのいずれかで、DesignIDE100.bpl 内に存在する DesignIntf、DesignEditors、ToolsAPI といった IDE 提供の設計時ユニットが参照されている場合は、それらの参照が C++Builder パッケージで必ず解決できるようにするための手段を講じる必要があります。

Delphi ソースを含んだ設計時パッケージをコンパイルするには:

  1. Delphi コンパイラが DesignIDE パッケージ内のユニットを解決できる必要があります。それには、C++Builder パッケージ プロジェクトで、プロジェクト > オプション... > Delphi コンパイラ > その他のオプション を開きます。
  2. 追加オプション フィールドに -LUDesignIDE を追加します。
  3. C++ リンカが、コンパイル済みの設計時 .obj 内の参照を解決してリンクできる必要があります。それには、C++Builder パッケージ プロジェクトで、プロジェクト > プロジェクトに追加... > 必須 タブを選択します。
  4. パッケージ名 フィールドに「designide.bpi」と入力し、OK をクリックします。

これで、C++Builder パッケージをコンパイルしてインストールできるようになりました。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance