パッケージとコンポーネントの操作 - 概要

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

パッケージとコンポーネントの操作:インデックス への移動

パッケージは、アプリケーション、IDE、あるいはその両方で使用される特別なダイナミックリンク ライブラリです。実行時パッケージは、ユーザーがアプリケーションを実行する際の機能を提供します。設計時パッケージは、IDE にコンポーネントをインストールしたり、カスタム コンポーネントの専用のプロパティ エディタを作成するのに使用されます。単一のパッケージが設計時と実行時の両方で機能することが可能であり、設計時パッケージは多くの場合、実行時パッケージを呼び出すことで動作します。パッケージ ライブラリは、他の DLL と区別するために、.bpl(Borland パッケージ ライブラリ)という拡張子のファイルに格納されます。

他の実行時ライブラリと同様に、パッケージにはアプリケーション間で共有できるコードが含まれています。たとえば、最もよく使用される VCL コンポーネントは、vcl というパッケージの中にあります。デフォルトの VCL アプリケーションを新しく作成するたびに、そのアプリケーションで vcl が自動的に使用されます。このようにして作成したアプリケーションをコンパイルすると、アプリケーションの実行可能イメージにはそのアプリケーション独自のコードとデータだけが含まれており、共通のコードは vclnnn.bpl という実行時パッケージの中にあります。このようなパッケージ対応のアプリケーションが 1 つのコンピュータに複数インストールされている場合でも、必要な vclnnn.bpl は 1 つだけで、それがすべてのアプリケーションと IDE 自体で共有されます。

VCL コンポーネントは複数の実行時パッケージにカプセル化されています。一方、コンポーネントは IDE で複数の設計時パッケージにより操作されます。

アプリケーションを作成する際には、パッケージを使用してもしなくてもかまいません。ただし、IDE にカスタム コンポーネントを追加する場合は、それらを設計時パッケージとしてインストールする必要があります。

独自の実行時パッケージを作成して、アプリケーション間で共有することができます。Delphi コンポーネントを作成する場合は、それらのコンポーネントを設計時パッケージにコンパイルしてからインストールすることができます。

関連項目