Vcl.StdCtrls.TLabel.OnDragOver

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property OnDragOver: TDragOverEvent read FOnDragOver write FOnDragOver;

C++

__property OnDragOver;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event published
Vcl.StdCtrls.pas
Vcl.StdCtrls.hpp
Vcl.StdCtrls TLabel

説明

ユーザーが、コントロール上にオブジェクトをドラッグした際に発生します。

Vcl.StdCtrls.TLabel.OnDragOver は Vcl.Controls.TControl.OnDragOver を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Controls.TControl.OnDragOver を参照しています。

ユーザーが、コントロール上にオブジェクトをドラッグした際に発生します。

OnDragOver イベントを使用すると、コントロールがドラッグされたオブジェクトを受け入れられる、つまりユーザーはオブジェクトをドロップまたはドッキングできることを、示すことができます。

OnDragOver イベント ハンドラ内で、Accept パラメータを False に変更し、ドラッグされたオブジェクトを拒否することも可能です。 AcceptTrue のままにしておくと、ユーザーはドラッグしたオブジェクトをコントロール上にドロップまたはドッキングすることができます。

カーソルの形を変更して、コントロールがドラッグされたオブジェクトを受け入れられると示すには、OnDragOver イベントが発生する前に、コントロールの DragCursor プロパティの値を変更します。

Source は、ドラッグされているオブジェクトで、Sender は、可能性のあるドロップまたはドッキングされるサイト、X および Y は画面座標でピクセルで表します。 State パラメータは、ドラッグされたオブジェクトがコントロールに対してどのように移動されるかを示します。

メモ: OnDragOver イベント ハンドラ内で、Accept パラメータはデフォルトで True に設定されます。 しかし、OnDragOver イベント ハンドラがない場合には、Accept パラメータが False に変更されるのと同様に、コントロールがドラッグされたオブジェクトを拒否します。

OnDragOver は、TDragOverEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目


コード サンプル