BRC32 - リソース シェル

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

コマンドライン ユーティリティ:インデックス への移動

BRC32.EXE は、コマンドライン リソース コンパイラ シェルです。 コマンドライン構文に応じて、BRCC32(リソース コンパイラ)RLINK32(リソース リンカ)を呼び出します。

コマンドライン構文

brc32 [<options>] <filename>.RC [<filename>.EXE]


コマンドライン要素

要素 説明

<options>

コマンドライン オプション。 省略可能です。

<filename>.RC

コンパイル対象のリソース スクリプト ファイル(.RC)を指定します。 このファイルは必ず指定しなければなりません。

<filename>.EXE

出力する実行可能ファイル(.EXE)の名前を指定します。 省略可能。


コマンドラインのヘルプを表示するには、次のように入力します:

brc32

または、ヘルプ フラグを追加します。

brc32 -h

コマンドライン オプション

BRC32.EXE では、以下の表に示すコマンドライン オプションをサポートしています。

BRC32 コマンドライン オプション

オプション 説明

-h または /h

ヘルプ メッセージを表示します。

-d<name>[=string]

name というプリプロセッサ シンボルを定義します。これが定義されているかどうかは、
#IFDEF name という C++ プリプロセッサ指令で確認することができます。

-fo<filename>

出力リソース ファイル(.RES)の名前 <filename> を指定します。 (デフォルトでは、BRC32 は入力の .RC ファイルと同じ名前で出力の .RES ファイルを作成します。)

-fe<filename>

出力される実行可能ファイル(.EXE)の名前 <filename> を指定します。

-i<path>

インクルード ファイルの検索パスにディレクトリを追加します(path はセミコロンで区切って入力します)。 例:

-i"C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\\lib\debug";C:\MyUnits
-k

.EXE ファイル内の隣接するセグメントやリソースの事前ロードを無効にします。 セグメントは、.DEF ファイル内に出現した順序で保持されます。 (このオプションが適用されるのは 16 ビット リソースのみであり、-r オプションが指定されている場合には無効になります。)

-r

リソースをコンパイルして .RES ファイルを作成する処理のみを行います。 実行可能ファイル(.EXE)へのコンパイル済みリソースのバインドは行いません。

-v

進行状況のメッセージを出力します(詳細表示)。

 -x

インクルード ファイルやリソース ファイルを検索する際に INCLUDE 環境変数を無視するよう、コンパイラに指示します。

-32

32 ビット版 Windows 互換の .RES ファイルおよび .EXE ファイルを作成します。
これがデフォルトのオプションです。

-16

16 ビット版 Windows 互換の .RES ファイルを作成します。

-V<n.m>

Windows のバージョンを指定して .EXE ファイルをメイクします(デフォルトは 4.0)。 バージョンに指定できる値は、後の表に示します。


バージョンの選択肢(-V<n.m> オプションで使用)

n.m の値 ビット 得られる外観
3.1

16

Windows 3.1x、Windows 32s、WinNT 3.1 用の白い背景の非 3D 表示。

4.0

16

Windows 95、WinNT 3.51 用のグレーの 3D 表示。

3.1

32

Windows 32s、WinNT 3.1 用の白い背景の非 3D 表示。

4.0

32

Windows 95、WinNT 3.51 用のグレーの 3D 表示。


下位互換のためのオプション

オプション 説明
-t

無視されます。

-31

Windows 3.1 互換の .RES ファイルを作成します。

-w32

Win32 互換の .RES ファイルおよび .EXE ファイルを作成します。


リソース シェルの例

以下のステートメントでは、.RC ファイルをコンパイルし、.RES ファイルを生成し、その .RES ファイルを実行可能ファイルに追加します。

brc32 <filename>.RC <filename>.EXE

BRC32 は、.RC ファイルと同じ名前の .EXE ファイルを自動的に探します。 .EXE ファイルを指定する必要があるのは、.EXE ファイルの名前が .RC ファイルと異なる場合だけです。

以下のステートメントでは、.RES ファイルを生成しますが、.EXE ファイルは生成しません。 コマンドラインで .EXE ファイルの名前を指定しても、BRC32 はそれを無視します。

brc32 -r <filename>.EXE

以下のステートメントでは、既存の .RES ファイルを実行可能ファイルに追加します。 .EXE ファイルの名前が必要なのは、.RES ファイルの名前と異なる場合だけです。

brc32 <filename>.RES <filename>.EXE

この例では、BRC32 を使って Windows 3.1 互換の 16 ビット .RES ファイルをビルドします。

brc32 -16 -V3.1 -fo<filename>.RES <filename>.RC

関連項目