XE6のライブラリに関するリファクタリング

提供: Support
移動先: 案内検索

概要

XE5からXE6へのバージョンアップに伴って、ユニット名/パッケージ名/クラス名/プロパティ名がいくつか変更されています。変更点に関して全てを公開しているわけでありませんが、その一部をここで紹介させていただきます。

大まかな変更点は、こちらをご覧ください。

これ以外の情報として

  1. パッケージ名
    FireDACDataSnapDriver → FireDACDSDriverに変更
    XE5ではDriverID=DataSnap、そしてXE6ではDriverID=DSのように変更されております。
    上記以外にも
    XE5では、TFDPhysDataSnapDriverLink
    XE6では、TFDPhysDSDriverLink
    というように DriverIDと統一性を持たせるためにDataSnap”から”DS”へ名前が変更されているコンポーネントもあります。
  2. ユニット名
    • IBDatabase → IBX.IBDatabase
    • IBQuery → IBX.IBQuery
    • IBTable → IBX.IBTable
    などIBExpressコンポーネントに関するユニット名が変更されています。
    旧バージョンで作成したプロジェクトをXE6で開き、ビルドすると該当するユニットが見つからず、エラーになります。
    エラーを解消するには、以下の図のようにプロジェクトオプションの[ユニットスコープ]に”IBX”を追加してください。
    Thumb03000035ujpn.jpg
  3. クラス名
    • TFDWideMemoField → TWideMemoFieldに変更
    参考情報:
    http://www.da-soft.com/anydac/embarcadero-firedac-xe6-released.html
    FD: / changed: FDDataSet: TFDWideMemoField removed and replaced by TWideMemoField
  4. プロパティ名
    • TFDParam.ADDataType → TFDParam.FDDataTypeに変更
    これは、XE5でAD=>FDに接頭語を全て置き換えて統一しなければなかったところを一部置き換えられていない部分が存在しておりましたので、それに対する修正です。
    以上のようにXE5=>XE6で細かい箇所で名前が変更されており、それによって支障をきたすことがございます。
    もし該当する名前で、ビルドエラー等が生じましたら、誠にお手数ですが適宜修正をお願いいたします。