表示: Delphi C++
表示設定

System.SysUtils.DateTimeToFileDate

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function DateTimeToFileDate(DateTime: TDateTime): LongInt;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall DateTimeToFileDate(System::TDateTime DateTime);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils

説明

TDateTime 値を OS 固有のタイムスタンプ値に変換します。

タイムスタンプは符号付きの 32 ビット整数で、オペレーティング システムでファイルの変更日時などの情報を記録するのに使用されます。タイムスタンプの厳密な形式は OS によって異なります。DateTimeToFileDate を使用すると、TDateTime 値を OS 固有のタイムスタンプ値に変換できます。

DateTimeToFileDate は、FindFirst 関数や FindNext 関数で使用される TSearchRec 型の Time フィールドを変換する場合に特に役に立ちます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance