表示: Delphi C++
表示設定

System.SysUtils.FormatDateTime

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function FormatDateTime(const Format: string; DateTime: TDateTime): string;
function FormatDateTime(const Format: string; DateTime: TDateTime; const AFormatSettings: TFormatSettings): string;

C++

extern DELPHI_PACKAGE System::UnicodeString __fastcall FormatDateTime(const System::UnicodeString Format, System::TDateTime DateTime)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

TDateTime オブジェクトを整形します。

FormatDateTimeは、DateTime で指定された TDateTime 値を、Format で指定された書式で整形します。 サポートされる書式文字列に関する情報については、次の表を参照してください。

Format パラメータで指定された文字列が空の場合、TDateTime の値は、書式指定子 c が与えられたものとして整形されます。

FormatDateTime の第 1 の形式は、グローバル変数に含まれているローカライズ情報を使用するため、スレッド セーフではありません。 FormatDateTime の第 2 の形式は、AFormatSettings パラメータに含まれているローカライズ情報を参照し、スレッド セーフです。 FormatDateTime のスレッド セーフ形式を呼び出す前に、AFormatSettings にローカライズ情報を入れる必要があります。 AFormatSettings にデフォルトのローカル値セットを入れるには、TFormatSettings.Create を呼び出します。

日時書式(DateTime Format)文字列は、整形文字列に挿入される各値を表す、指定子から構成されます。 一部の指定子("d" など)は数値や文字列の形式を整えるだけです。 他の指定子("/" など)はグローバル変数からロケール固有の文字列を参照します。

次の表では、指定子が小文字で示されています。 形式では大文字と小文字が区別されませんが、例外は、"am/pm" と "a/p" 指定子です。


指定子 表示内容

c

ShortDateFormat グローバル変数で指定された形式で日付、それに続いて LongTimeFormat グローバル変数で指定された時刻が表示されます。 時刻が夜の 12 時ちょうどの場合は、時刻部分が表示されません。

d

日付、頭に 0 を付けない数字(1-31)で表示。

dd

日付、頭に 0 を付けた数字(01-31)で表示。

ddd

曜日、ShortDayNames グローバル変数で指定された文字列を使った省略形で表示(Sun-Sat)。

dddd

曜日、LongDayNames グローバル変数で指定された文字列を使った完全名で表示(Sunday-Saturday)。

ddddd

日付、ShortDateFormat グローバル変数で指定された形式で表示。

dddddd

日付、LongDateFormat グローバル変数で指定された形式で表示。

E

(Windows のみ)元号の年数、先頭に 0 を付けない数値で表示(日本語、韓国語、台湾語のロケールのみ)。

ee

(Windows のみ)元号の年数、先頭に 0 を付けた数値で表示(日本語、韓国語、台湾語のロケールのみ)。

G

(Windows のみ)元号、略語で表示(日本語と台湾語のロケールのみ)。

gg

(Windows のみ)元号、完全名で表示(日本語と台湾語のロケールのみ)。

m

月、頭に 0 を付けない数字(1-12)で表示。 この m 指定子が、h や hh 指定子のすぐ後に続いている場合、月ではなく分が表示されます。

mm

月、頭に 0 を付けた数字(01-12)で表示。 この mm 指定子が、h や hh 指定子のすぐ後に続いている場合、月ではなく分が表示されます。

mmm

月名、ShortMonthNames グローバル変数で指定された文字列を使った省略形で表示(Jan-Dec)。

mmmm

月名、LongMonthNames グローバル変数で指定された文字列を使った完全名で表示(January-December)。

yy

年、2 桁で表示(00-99)。

yyyy

年、4 桁で表示(0000-9999)。

h

時間、頭に 0 を付けないで表示(0-23)。

hh

時間、頭に 0 を付けて表示(00-23)。

n

分、頭に 0 を付けないで表示(0-59)。

nn

分、頭に 0 を付けて表示(00-59)。

s

秒、頭に 0 を付けないで表示(0-59)。

ss

秒、頭に 0 を付けて表示(00-59)。

Z

ミリ秒、頭に 0 を付けないで表示(0-999)。

zzz

ミリ秒、頭に 0 を付けて表示(000-999)。

t

時間、ShortTimeFormat グローバル変数で指定された形式で表示。

tt

時間、LongTimeFormat グローバル変数で指定された形式で表示。

am/pm

12 時間制を示すために、h または hh 指定子の前に使用します。午前の場合は 'am'、午後の場合は 'pm' が表示されます。 am/pm 指定子には、小文字、大文字、またはその混合を使用でき、それに従って結果が表示されます。

a/p

12 時間制を示すために、h または hh 指定子の前に使用します。午前の場合は 'a'、午後の場合は 'p' が表示されます。 a/p 指定子には、小文字、大文字、またはその混合を使用でき、それに従って結果が表示されます。

ampm

前にくる h または hh 指定子に 12 時間時計を使用する時間。午前の場合には TimeAMString グローバル変数の内容、午後の場合には TimePMString グローバル変数の内容が続きます。

/

DateSeparator グローバル変数で指定される、日付区切り文字。

:

TimeSeparator グローバル変数で指定される、時刻区切り文字。

'xx' または "xx"

一重引用符または二重引用符で囲まれた文字は、そのまま表示され、形式指定の影響を受けません。


関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance